ruthless

facebook

instagram

review

review

商品カテゴリー

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイントプレゼント致します。

会員登録をする

カートの中身

合計数量:0

商品金額:0円

電子タバコやリキッドを検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

amazonへ出店中!
ご利用可能なクレジットカード・コンビニ・銀行一覧
ecigリンク

電子タバコリキッド通販サイト トップへ > 医学博士による電子タバコの安全性検証論文

医学博士による電子タバコの安全性検証論文

電子タバコについて


 2014年11月の電子タバコの有害性についての報道に際しまして日本での報道を翻訳し欧米メーカーやVape販売会社に情報を提供してまいりました。

 その中で新たに欧米メーカーやアメリカVape販売会社から下記の文献を日本のユーザーの方々に是非とも紹介して欲しいとの要望があり掲載する運びとなりました。

 やはり、日本で報道されている内容と著しい違いがあることは否めなく、また、欧米メーカーからは日本のタバコ産業の構造に問題があるのではないかとの指摘もありました。

 また、昨年、今年とJT(日本たばこ)が海外の電子タバコメーカーやリキッドメーカーを買収していることにも非常に興味を示しているとの見解があるのが現状でございます。


この度の文献詳細は以下のとおりです。


【掲載媒体】
イギリスの医学論文誌MBC Medicine


【掲載日】
2015年3月18日


【著者】
Riccardo Polosa(リカルド・ポローサ)


【著者略歴】
医学博士
イタリア・カターニア大学、内科学・臨床免疫学研究センター理事長
イタリア・カターニア大学、タバコ研究センター理事長
イギリス・サウサンプトン大学名誉教授
世界的に有名な気管支誘発臨床医学の第一人者




Electronic cigarette use and harm reversal : emerging evidence in the lung


電子タバコの使用と害の反転 : 肺に現れつつある証拠


Abstract

Electronic cigarettes (ECs) have been rapidly gaining ground on conventional cigarettes due to their efficiency in ceasing or reducing tobacco consumption, competitive prices, and the perception of them being a much less harmful smoking alternative. Direct confirmation that long-term EC use leads to reductions in smoking-related diseases is not available and it will take a few decades before the tobacco harm reduction potential of this products is firmly established. Nonetheless, it is feasible to detect early changes in airway function and respiratory symptoms in smokers switching to e-vapor. Acute investigations do not appear to support negative respiratory health outcomes in EC users and initial findings from long-term studies are supportive of a beneficial effect of EC use in relation to respiratory outcomes. The emerging evidence that EC use can reverse harm from tobacco smoking should be taken into consideration by regulatory authorities seeking to adopt proportional measures for the e-vapor category.


要約

電子タバコは禁煙と喫煙本数の低減に効果があり、リーズナブルな価格とタバコに替わる害が少ないものという認識から、従来のタバコに差し迫る勢いで急激に普及しています。電子タバコの長期使用が喫煙関連の病気の減少につながるという結論はまだなく、電子タバコの健康成果が立証されるには数十年かかるでしょう。


しかしながら、タバコから電子タバコに移行した人々の呼吸器官の症状を調べることで、初期の健康成果を検出することは可能です。電子タバコユーザーの呼吸器官に関する短期間の調査では否定的な研究結果を証拠立てるには不十分であり、長期間にわたる調査こそ有益であります。電子タバコに対する規制の採択を試みる監督官庁は、電子タバコのほうが従来のタバコより害が少ないという出現しつつある証拠に関して考慮するべきです。


Background

The electronic cigarette (EC) has been rapidly gaining ground on conventional cigarettes and could surpass consumption of conventional cigarettes within the next decade, according to some prediction analyses. The growing popularity of ECs proves that many adult smokers are keen on using an alternative technologic form of smoking to reduce cigarette consumption or quit smoking and to relieve tobacco withdrawal symptoms. Data from internet surveys and clinical trials have shown that ECs may help smokers quit or reduce their tobacco consumption. Moreover, the popularity of ECs appears to be associated with the fact that they can be used in many smoke-free areas, their prices are competitive, and they are perceived as a much less harmful smoking alternative.


Vapor toxicology under normal conditions of use is by far less problematic than that of conventional cigarettes, and exclusive EC users have significantly lower urine levels of tobacco smoke toxicants and carcinogens compared to cigarette smokers. Thus, smokers completely switching to regular EC use are likely to gain significant health benefits.


Although a reduction in smoking-related diseases from long-term EC use can be inferred by the positive findings on Swedish snus (a tobacco harm reduction product consisting of refined oral tobacco which is low in nitrosamines), direct confirmation is not available and it will take a few decades before a reduction in individual and population health outcomes due to the regular use of e-vapor products can be firmly established. Nonetheless, it is feasible to detect early changes in airway function and respiratory symptoms in smokers switching to e-vapor.


In this commentary, I discuss the emerging potential of ECs for harm reversal with a specific focus on the respiratory system.


背景

電子タバコは従来のタバコに差し迫る勢いで急激に普及しており、ある予想分析結果によると10年以内に従来のタバコの消費を超える見込みです。電子タバコの爆発的な人気は、喫煙者が禁煙や喫煙本数の低減、禁断症状緩和の目的でタバコの代替品の使用に熱心だということを示しています。インターネット上のアンケートと臨床試験結果からは、電子タバコの使用は禁煙と喫煙本数の低減に効果があるということがわかりました。さらに、その人気は禁煙エリアで使用可能である点とリーズナブルな価格でタバコに替わる害の少ないものという認識と関連があったのです。


電子タバコ単独のユーザーは、喫煙者に比べて尿に含まれる毒性物と発がん性物質の数値が著しく低かったことから、毒物学的に電子タバコは従来のタバコよりはるかに害が少ないと言えます。ですから、従来のタバコから電子タバコに移行したユーザーは健康上大きな利点があるのです。


電子タバコの長期使用による喫煙関連の病気の減少はスウェーデンのスヌース(口腔内で使用する無煙タバコ。ニトロソアミン含有量が低い。) から得られた好ましい結果から推測することができます。電子タバコの普段使いがもたらす効果を立証するには数十年かかりますが、タバコから電子タバコに移行した人々の呼吸器官の症状を調べることで、初期の変化を検出することは可能です。


この論評では電子タバコが呼吸器官に与える影響に焦点を当て、電子タバコの潜在的可能性について論じます。


Health outcomes and the respiratory system

The lung is the primary target of the harmful effects of several airborne pollutants and cigarette smoke. Likewise, considering that inhalation is the exposure mechanism for EC use, the respiratory system is also the logical target for investigating any potential harmful effects of chemicals in the e-vapor.


健康成果と呼吸器

肺は大気中の汚染物やタバコの煙の影響を最初に受ける器官です。同様に、吸引が電子タバコのメカニズムであるということを考えると、電子タバコの蒸気に含まれる化学物質の有害性の調査が呼吸器官を対象に行われるのは論理的であります。


Prospective clinical studies of well-characterized EC users would be the most informative to investigate respiratory health outcomes; however, such studies are quite demanding due to several methodological, logistical, ethical, and financial challenges. In particular, to address the potential of future disease development, hundreds of users would need to be followed for a substantial number of years before any conclusions could be made. A much less challenging approach is to explore cytotoxicity levels, mutagenicity, genotoxicity, oxidative stress, and inflammatory responses in human lung epithelial cell lines. However, these in vitro approaches also have inherent flaws; findings cannot be directly applied in human in vivo studies due to the inability to test the normal consumption exposure conditions of e-vapor products, the fact that standards for vapor production and exposure protocols have not been clearly defined, and the risk of over- or underestimating the interpretation of the toxic effects in these investigational models. Consequently, it is not surprising to find a divergence in the literature, with some authors reporting little or no injury, whereas others describing much higher level of toxicity and inflammatory responses despite using same cell lines. Overall, despite the inconsistent and contradictory results, most acute in vitro studies are simply suggestive of non-specific irritant effects from e-vapor exposure. This is consistent with findings from internet surveys and clinical trials reporting transient throat irritation, dry cough, and other symptoms of respiratory irritation in some smokers when switching to ECs.


呼吸器官に対する健康成果を調査するために、使用方法や使用頻度に特徴のある電子タバコユーザーを対象とした予測医療研究が行われていますが、そのような研究は方法論的、物流的、倫理的、経済的に難しい点があります。


特に病気発症の潜在性について結論を出すには、何百人もの電子タバコユーザーを長年にわたり調査する必要があります。別の有効な方法として、細胞毒性、変異原性、遺伝毒性、酸化ストレス、肺の表皮細胞の炎症反応に対する調査が挙げられますが、各種の条件が人為的にコントロールされている実験には固有の欠点があり、人為的にコントロールされていない条件下の実験結果とすることはできません。

電子タバコの通常使用から得られる実験結果ではないからです。蒸気の発生と蒸気の摂取に明確な基準が定められておらず、有毒性について過小/過大な推定をするのは誤りです。数々の文献には相違点がありますが、驚くべきことではありません。同じ細胞株を使用しての実験であるにもかかわらず、ある著者は低い有害性を、またある著者は無害を報告している一方、高い有毒性と炎症反応を報告している著者もいるのです。


全体的に矛盾のある結果にもかかわらず、電子タバコの蒸気がもたらす非特異性の炎症について示唆されており、これはタバコから電子タバコに移行した人々に対するインターネット上のアンケート調査や臨床試験の結果と矛盾しています。


Symptoms of irritation may occur in EC users hypersensitive to propylene glycol present in the e-vapor, but the possibility of unknown contaminants or byproducts contained in the e-vapor causing similar irritant effects cannot be discounted. Likewise, a prompt defensive response against irritants from e-vapor inhalation is the most likely cause for the immediate physiologic changes detected with highly sensitive respiratory functional tests as reported by Vardavas et al. The question of whether such an irritation could translate into clinically meaningful lung disease remains unanswered, and there certainly is no evidence to date to suggest that there are any clinically significant adverse lung effects, at least acutely.


炎症は電子タバコの蒸気に含まれるプロピレングリコールに極度に敏感なユーザーに起こりうる症状です。しかし、炎症の原因が蒸気に含まれる未知の汚染物や副産物である可能性もあります。


同様に、ヴァ―ダバス博士らの非常に緻密な呼吸機能検査によると、電子タバコの蒸気摂取時に起こる防御反応が即座に現れる生理的変化であるということが報告されています。そのような炎症反応が肺病につながるのかはわかっていません。少なくとも現時点では肺への影響を証明するような研究報告はありません。


Moreover, it must be noted that the reported 16% decrease in exhaled nitric oxide levels (i.e., 2.1 ppb in absolute terms) and 11% increase in peripheral flow resistance by impulse oscillometry (i.e., 0.025 kPa/L/s in absolute terms) from baseline after using an EC for 5 minutes were so small and well within test variability, that it is unlikely to have any clinical relevance. Moreover, no significant changes were detected by less sensitive respiratory function parameters (including forced expiratory volume in the first second (FEV1), forced vital capacity (FVC), FEV% (FEV1/FVC index), and peak expiratory flow (PEF)) after EC use. Lack of a significant effect on exhaled nitric oxide and airflow obstruction as measured by FEV1, FVC, FEV%, and PEF after short-term EC use has also been confirmed in a more recent study. Finally, switching to EC use universally leads to a near-normalization in toxic levels of exhaled carbon monoxide.


さらに、吐いた息に含まれる一酸化窒素の減少は16%(2.1 ppb絶対値)、神経衝撃振動測定による末梢血流抵抗値の増加は11%(0.025kPa/L/s絶対値)と非常に少なく、臨床的に関連性があるとはとても言えません。電子タバコを5分間使用した後のパラメータ値(1秒間の努力性呼気量[FEV1]、肺活量[FVC]、1秒間の努力性呼気量を肺活量で割った数値[FEV1/FVC指数]、努力性最大吸気量[PEF])にも大きな変化は見られませんでした。


別の研究でも吐いた息に含まれる一酸化窒素の量や呼吸気流閉塞のへ影響は、FEV1, FVC, FEV%, PEFによって計測されており、肺への影響があると証明できるレベルの数値でないことが証明されています。タバコから電子タバコに移行後、呼気に含まれる一酸化窒素の毒性レベルは正常値の範囲にまで減少しました。


The very few studies mentioned above, which have focused on the acute effect of ECs on lung function, do not appear to support negative respiratory health outcomes in EC users. Nonetheless, only large and carefully conducted studies evaluating the long-term effects of these products will provide a definite answer regarding their impact on lung health.


As mentioned earlier, it would take hundreds of well-characterized EC users to be followed prospectively for a substantial number of years and very large funding to properly address the harm potential of ECs. At the University of Catania, we have structured an integrated clinical research program characterized by a minimalist approach entailing either highly sensitive respiratory functional tests to detect early changes of subclinical injury in 'healthy' smokers switching to EC or less sensitive but more robust respiratory function investigations to explore changes in EC users with preexisting lung disease. The initial findings are promising and generally supportive of a beneficial effect of EC use in relation to respiratory outcomes, both in health and disease.

前述したとおり、電子タバコの潜在的危険性について結論を出すには、多額の研究資金を投じて何百人もの電子タバコユーザーを長年にわたり調査する必要があります。

私たちはイタリアのカターニア大学で、総合臨床研究プログラムを立ち上げ、喫煙者が電子タバコに移行した際に早期に見られる呼吸器の無症状性炎症と、肺疾患を患う電子タバコユーザーに見られる変化を計測しました。その結果は、健康状態と基礎疾患の両方に関して前途有望なものでした。


Long-term changes in lung function have been monitored for up to 1 year in a large group of 'healthy' smokers who were invited to quit or reduce their tobacco consumption by switching to a first generation EC. Significant early positive changes from baseline of a sensitive measure of obstruction in the more peripheral airways (i.e., forced expiratory flow measured between 25% and 75% of FVC) were already detected at 3 months after switching in those who completely gave up tobacco smoking, with steady progressive improvements being observed also at 6 and 12 months (Polosa R, unpublished observation).


肺機能への長期的な影響を調査するために、健康な喫煙者のグループに対して1年間にわたりモニタリング調査を行いました。被験者には電子タバコを使用してもらい、喫煙本数の低減と禁煙を促しました。禁煙に至った被験者には、実験開始から3ヵ月後に抹消気道の閉塞状態に関する好ましい変化(肺活量の25%~75%の増加)が見られ、その後も6ヵ月~12ヵ月にわたり一定の好変化が見られました。


Asthma and chronic obstructive pulmonary disease (COPD) are progressive diseases characterized by persistent inflammatory and remodeling responses of the airways causing respiratory symptoms and progressive decline in lung function. Although it is well-established that the inflammatory response to cigarette smoke plays a key role in COPD pathogenesis, increased morbidity and mortality have been reported in asthmatic individuals who smoke and quitting can significantly improve asthma symptoms and lung function. Consequently, smokers with preexisting asthma and COPD may benefit from regular EC use. In the only clinical study conducted to ascertain efficacy and safety of EC use in asthma, substantial improvements in respiratory physiology and subjective asthma outcomes have been reported. Exposure to e-vapor in this vulnerable population did not trigger any asthma attacks.


喘息と慢性の肺病(慢性閉塞性肺疾患)は、慢性的な炎症と呼吸機能・肺機能の低下に対する組織再構築に特徴のある進行性疾患です。タバコの煙に対する炎症反応が慢性閉塞性肺疾患の病因になることは広く認知されているにもかかわらず、喫煙する喘息患者の疾病率・死亡率は増加しています。そこで、喘息や慢性閉塞性肺疾患を患っている喫煙者に電子タバコがもたらす利点に着目しました。


その効能と安全性に関して立証するために行われた唯一の臨床研究では、呼吸器系と喘息症状に対する大きな改善が報告されています。電子タバコの影響を受けやすい喘息患者でも発作が起こらなかったのです。


To date, no formal efficacy and safety assessment of EC use in COPD patients has been conducted. There is only evidence from a case series of three inveterate smokers with COPD, who eventually quit tobacco smoking on their own by switching to an EC. Significant improvement in quality of life and reduction in the number of disease exacerbations were noted. EC use was well tolerated with no reported adverse events.


現時点では慢性閉塞性肺疾患に対する電子タバコの正式な効能評価・安全評価はなされていませんが、徐々に電子タバコに移行して禁煙に至った慢性閉塞性肺疾患を患う常習喫煙者に対する症例シリーズ研究では、有意義な結果が報告されています。


生活の質の大幅な向上と症状悪化頻度の著しい減少が見られ、電子タバコの使用による有害事象は報告されていません。


The reported improvements of respiratory patients who have become regular ECs users are consistent with findings from a large internet survey of regular EC users diagnosed with asthma and COPD. An improvement in symptoms of asthma and COPD after switching was reported in 65.4% and 75.7% of the respondents, respectively. Compared to dual users, improvement in symptoms of asthma and COPD were more often reported by exclusive EC users. After switching, medications were stopped in 460/2,498 (18.4%) respondents with asthma and COPD.Worsening after switching was only reported in 1.1% of the asthmatics and in 0.8% of the COPD respondents. Taken together, these findings provide emerging evidence that EC use can reverse harm from tobacco smoking.


電子タバコユーザーとなった呼吸器疾患患者の改善点は、喘息や慢性閉塞性肺疾患を患う電子タバコユーザーに対する大規模なインターネットアンケート調査結果と一致しています。


電子タバコに移行後の喘息や慢性閉塞性肺疾患の症状の改善は、それぞれ65.4% と75.7%でした。タバコと電子タバコの両使いのユーザーと比べると、症状の改善は電子タバコ単独ユーザーのほうに多く報告されており、電子タバコへの移行後、症状の改善により2,498人中460人の18.4%の人に薬の処方がなくなりました。移行後に症状が悪化したのは、1.1%の喘息患者と0.8%の呼吸器疾患患者とわずかでした。総合的に見て、これらの結果は電子タバコのほうが従来のタバコより害が少ないという出現しつつある証拠に他なりません。



Conclusions and implications for policymaking

Compared to combustible cigarettes, e-vapor products are at least 96% less harmful and may substantially reduce individual risk and population harm. Future research will better define and further reduce residual risks from EC use to as low as possible by establishing appropriate quality control and standards. Although large longitudinal studies are warranted to elucidate whether ECs are a less harmful alternative to tobacco cigarettes and whether significant health benefits can be expected in smokers who switch from tobacco to ECs, the emerging evidence that EC use can reverse harm from tobacco smoking should be taken into consideration by regulatory authorities seeking to adopt proportional measures for the e-vapor category.



結論と政策的含意


電子タバコは燃焼性のタバコに比べて少なくとも96%以上害が少なく、個人の健康リスクや社会全体に及ぼす害を著しく低減します。

今後の研究が進むにつれて、適切な品質管理基準が整備され、電子タバコ使用による害は極限まで低減されるでしょう。


電子タバコがタバコより害の少ないタバコの代替品となりうるか、タバコから電子タバコに移行することで著しい健康成果が見込めるかといった点に関しては、大規模な経年的研究によって立証されることではありますが、電子タバコに対する規制の採択を試みる監督官庁は、電子タバコのほうが従来のタバコより害が少ないという出現しつつある証拠に関して考慮するべきです。


当サイトと致しましては、上記のような論文をご紹介する事で少しでも電子タバコの先進国であります欧米での意見を参考にして頂けたらと思い掲載させて頂きました。