新規会員登録1000ポイント+メルマガ登録でお得なクーポン

電子タバコやリキッドを検索

メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

コラム

フレーバータイプ別一覧

初めての方におすすめ

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

取り扱いメーカー一覧

Apollo

NicQuid

Vaporfi

Ruthless

Wisconsin Dairy

Virgin Vapor

Black Note

BLVK

LIQUA

爆炎系 爆炎系

爆煙系ニコチン入りリキッドの特徴

爆煙系リキッドはリキッドを構成するベース液であるVG(植物性グリセリン)とPG(プロピレングリコール)のうち、VGの配合比率が高いリキッドのことを指します。紙タバコでは不可能なモクモクとした大量の煙が特徴で、好きな香りに包まれてリラックスしたい方におすすめです。

電子タバコの本場アメリカで流行しているVAPEトリックに使われているのもこの爆煙系リキッドです。VGとPGの最も一般的な配合比率は50:50ですが、爆煙タイプのリキッドは70:30や80:20が多く見られます。VGとPGそれぞれの特徴として、VGはドロドロとしていて吸い心地はなめらかですが、それに比べてPGはサラサラとしていて吸い心地はシャープです。粘度の高いVGを多く含む爆煙系リキッドはコイルのウィック(コイルにリキッドを供給し保持する部分)に染み込みにくいため、連続して吸うと焦げやすいので注意が必要です。爆煙タイプのリキッドを使用する際は、ウィックにリキッドを十分供給するためにゆっくり吸うようにしましょう。より爆煙を満喫されたい場合、サブオームと呼ばれる抵抗値が1.0未満のコイルがおすすめです。抵抗値の低いコイルを使用することで高い電力が発生し、より大きな煙を生み出すことができますが、高い電力でリキッドを気化するため味が飛びやすくなり風味が薄く感じられるというデメリットもありますので、コイルの抵抗値とリキッドの相性を試しながらご自身に合う爆煙系リキッドを探求してみてください。

爆煙系

アイテム数:20

電子タバコ・リキッドに関連する注目コラム

爆煙系人気ランキング

◆集計期間: 2021/05/22 〜 2021/06/21

爆煙系ニコチン入りリキッドのページについて

「爆煙系ニコチン入りリキッド」のページでは、ヘルシーサポートが取り扱っている爆煙系のニコチン入りリキッドを見ることができます。爆煙系のリキッドは単品でも楽しめますが、キック感をプラスしたい場合はPGが多く含まれたリキッドを、なめらかさをプラスしたい場合はVGが多く含まれたリキッドをブレンドして自分好みの味と吸い心地に調整するのもおすすめです。電子タバコのリキッドにはタバコ葉が使用されていないので、タールや一酸化炭素などの有害物質やタール特有のヤニ臭を気にすることなく、リキッドの香りがついた水蒸気とニコチンを楽しめます。さまざまな爆煙系リキッドをお試しいただき、お客様の趣向に合う逸品を見つけてみてください。