代金引換

ニコチンソルトのご紹介

ポケックスのご紹介

ボーのご紹介

facebook

instagram

商品カテゴリー

review

review

review

review

review

会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイントプレゼント致します。

会員登録をする

ログイン

カートの中身

電子タバコやリキッドを検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

amazonへ出店中!

取り扱いメーカー一覧

Aspire

BO

Apollo

Black Note

Vaporfi

Wisconsin Dairy

LIQUA

Ruthless

Virgin Vapor

NicQuid

フレーバータイプ別一覧

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

コラム一覧

もっと見る

電子タバコについて・・・現状の今後の予測

2000年後半から日本でも徐々に認知され、今では発売される製品が短時間で売り切れ、入荷待ちが続出するほどの人気を誇るのが「電子タバコ」です。

近年、世界的に禁煙運動が広がっていることもあり、公共スペースをはじめ社会の至るところから喫煙場所が撤去されています。長年の喫煙者にとっては、喫煙場所が少なくなり、世間からの目も相当厳しいものになりつつあるといえます。

長いこと喫煙をしてきた人にとっては、依存性のあるタバコを吸わないで禁煙すること自体が、非常に困難なことであり、一筋縄ではいかないのです。社会のため、家族のため、周囲の人たちのため、そして一番は自分のために禁煙を試みている方には、世界的に注目され認知度も急増している「電子タバコ」の活用をおすすめします。

電子タバコとは

通称ベイプ(Vape)と呼ばれる「電子タバコ(Electronic cigarette)」は、吸入器によりタバコの乾燥葉や、タバコの風味やミントの香りといったフレーバーのついた液体タイプのリキッドを発熱し、それにより発生した水蒸気を吸引する装置のことをいいます。

日本国内で販売されている電子タバコは、有害物質であるタールが含まれていないため、家族をはじめ、周囲に迷惑をかけずに使用できることでも人気があります。ニコチンが含まれる液体タイプのリキッドは薬事法に抵触するため、日本では販売されていません。

一方、ベイプが店頭で販売されていることも多い欧米では、さまざまな種類の電子タバコが発売されています。このような電子タバコやニコチン入りリキッドを入手するためには、個人利用を目的として個人輸入する必要があります。

電子タバコの構造や仕組み

電子タバコには、3ピースと2ピースという二つの種類があります。ピースとは部品のことであり、文字通り3ピースは3つの部品からなる電子タバコ、2ピースは2つの部品からなる電子タバコです。

水蒸気を発生させるためのアトマイザー(変霧器)という装置と、熱伝導を用いるためのバッテリー、そして香りを楽しむための液体を入れるためのカートリッジからなるのが、「3ピース」です。

一方、アトマイザーとカートリッジが一体化された装置と、バッテリーからなる電子タバコが、「2ピース」といわれる種類です。2ピースは、カートリッジに入れられるリキッド量が多いことから、3ピースに比べ水蒸気の量も格段にアップします。

3ピースは、アトマイザーとカートリッジが分かれていることから、前回使用したリキッドの臭いが残ってしまう、水蒸気の煙が少なめであるといった特徴があります。

2ピースは、3ピースよりも新しいタイプの電子タバコですが、水蒸気の濃さやカートリッジが長持ちするという特徴から、多くの方に選ばれている電子タバコです。

電子タバコの使い方や吸い方

はじめて電子タバコを使うという方には、電子タバコのスターターキットの使用がおすすめです。電子タバコのスターターキットには、電子タバコを用いるためのセットがすべて揃っているため、まずは試しに使ってみたいという方に人気があります。

電子タバコの使い方

①バッテリーの充電

新品の電子タバコは、バッテリーが充電されていない状態であるため、まずはバッテリーを充電することからはじめます。通常の、紙巻きタバコとは異なり、バッテリーがなくなるまで利用できる電子タバコは、自分自身で使用頻度を把握しながら使用時間を調節することが大切です。

②アトマイザーにリキッドを入れる

リキッドを入れるための穴は小さめであるため、漏れないように慎重に入れるようにしましょう。アトマイザーは製品により、上からリキッドを入れるタイプと、下からリキッドを入れるタイプがあります。

リキッドが漏れたまま利用すると、リキッド成分が直接口に触れ、体内に侵入してしまう恐れがありますし、電子タバコ自体の故障にも繋がる危険性があるため注意が必要です。

アトマイザーには、バッテリーからの電力を受け、リキッドを水蒸気に変える働きをする「コイル」があります。新品の電子タバコは、コイルにリキッドを十分に染み込ませた状態(5分~10分ほど染み込ませる)で使用することが大切であり、使用頻度によっては数週間で新しいコイルに交換する必要があります。

電子タバコの吸い方

電子タバコを利用する前の準備が完了したあとは、「吸い方」について見てきましょう。

①電源を入れる

まず、電子タバコの電源を入れます。製品によっては、電源ボタンを数度押すことで電源が入る仕様の物もあります。

②ボタンを押しながら吸う

電源が入った電子タバコを利用するには、ボタンを押しながら吸うことでリキッドが水蒸気化されて吸うことができます。ボタンの押し方により、吸引量の切り替えを行えることから、水蒸気の量を増やすためには使いながら調節していきます。

③吸い終わったら電源をOFFにする

電子タバコを吸い終わったあとは、電源を入れたときと同じようにボタンを押して、電源をOFFしておきましょう。

※製品により、使い方が若干異なる場合があるため、詳しくは取扱説明書をよく確認して使用するようにしましょう。

電子タバコの今後について

日本国内でも注目の的である電子タバコは、今後近い将来、どのような製品が現れ、人々の生活にどのような影響を与えていくのかが気になるところです。

以下では、電子タバコの今後について、起りうる可能性や予測について見ていきます。

・電子タバコの開発に力をいれるメーカーが増える

欧米では、電子タバコが至るところで販売され、研究結果をもとに電子タバコを使用することを奨励している国もあります。電子タバコ製品を研究開発、そして製造、販売するメーカーの中には、タールなどの有害物質を含む従来のタバコの製造よりも、電子タバコの製造に力を入れるといったことも増えてくるといわれています。

・習慣化される電子タバコ

禁煙化が進む中で、日本人の喫煙率は少しずつ減少していますが、世界的にみると日本人の喫煙率は非常に高いことが分かっています。喫煙可能な場所が次々に撤去されている、又はタバコに対する増税により値段が高騰している、といった理由から、禁煙を希望する方も増えています。そのような時に便利なのが、「電子タバコ」です。

禁煙するための便利アイテムとして世界中で認知が広がり、その存在や効果が高い評価を受けている電子タバコですが、将来的には紙巻きタバコに取って代わる製品として注目されています。

日本国内の喫煙ルールに関しては、世界的にみても非常に遅れています。2020年の東京オリンピックに向けて、IOC(国際オリンピック委員会)からは「タバコのないオリンピック」が求められています。

世界的に禁煙化が進む状況では、将来的に従来の紙巻きタバコから電子タバコへ移行するといった流れは、もはや夢ではなく、現実味を帯びているといっても過言ではないのです。

喫煙は、ご自身の健康をはじめ、家族や周囲の人々、そして自然環境にも悪い影響を及ぼす行為です。依存性の高い紙巻きタバコをやめたいという方をはじめ、受動喫煙となっている家族や周囲の方々にとって、電子タバコのような身体や精神に及ぼす影響が少ないとされるアイテムは、今後も需要が拡大することが予想できるでしょう。

コラム一覧