新規会員登録1000ポイント+メルマガ登録でお得なクーポン

電子タバコやリキッドを検索

メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

フレーバータイプ別一覧

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

取り扱いメーカー一覧

Apollo

NicQuid

Vaporfi

Ruthless

Wisconsin Dairy

Virgin Vapor

Black Note

LIQUA

たばこ増税で禁煙の為に電子タバコへの乗り換え続出!ランニングコストやおすすめの理由を解説!

電子タバコ関連について

2018年10月1日にたばこ税の増税がされたことで、これまでの生活が一変した!という方も多いのではないでしょうか。

たばこ税の増税に伴い、JT(日本タバコ産業)は主力銘柄のメビウスセブンスターをはじめとした150銘柄、フィリップモリス・ジャパンはマルボロ、ラークを含めた91銘柄、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンはケントシリーズを含めた93銘柄を値上げし、タバコ1箱500円台に突入しました。

また、たばこ税は2020年までに段階的に増税されることがすでに決定しているため、今後さらにタバコの価格が値上がりする可能性があります

たばこ税増税はもちろん、社会の禁煙化への取り組みが進むことで喫煙者の立場はさらに厳しさを増していることから、「この機会にいっそ喫煙生活に終止符を打って、本気で禁煙を目指そう!」という方が増えています。

そこで今大きく注目されているのが、従来の紙巻きタバコに変わるものとして人気の『電子タバコ』です。

 

◆乗り換え続出!電子タバコをおすすめする理由とは?◆

2020年開催の東京オリンピックに向けて、急速に禁煙化が進められている今、たばこ税の増税によるタバコの値上げは「禁煙」を後押しする大きなきっかけにもなりました。

実際に、この度のたばこ税の増税により大手たばこメーカー3社は従来の紙巻きタバコの他、パイプタバコやかぎタバコ、刻みタバコ、葉巻タバコ、そして「加熱式タバコ」の価格を改訂しました。

何十年にもわたり喫煙を続けてきた喫煙者にとって、“そう簡単に禁煙ができるもの?”といえば少し難しい点もありますが、徐々にタバコを吸う本数を減らし、最終的に完全な禁煙を目指すことは可能かもしれません。

このように、長年の喫煙者の方が禁煙を進めるために是非おすすめしたいのが「電子タバコ」です。

以下では、禁煙に電子タバコをおすすめする理由についてまとめています。

 

受動喫煙を防止できる!

「受動喫煙」は、従来の紙巻きタバコに火をつけたときに出る煙や、喫煙者がタバコを吸って煙を吐き出したときに出る煙、つまり副流煙を非喫煙者が自分の意思とは関係なく吸い込んでしまっている状態のことを指します。

副流煙には、発がん性物質などの有害物資が多く含まれていることから、受動喫煙の状態を長く続けてしまうことで、肺がんや脳卒中、虚血性心疾患、動脈硬化、心筋梗塞、流産、低出生体重児、喘息など、深刻な健康被害につながる恐れがあります。

このような恐ろしいリスクを伴う「受動喫煙を防止できる」と期待されているのが、電子タバコです。

電子タバコは、専用の液体リキッドを熱の力で蒸発させて、それにより発生する水蒸気を吸引して楽しむ嗜好品です。従来の紙巻きタバコとは異なり、タバコの葉を使用しないことからタールといった有害物質が発生する心配がありません。また、日本国内で販売されているリキッドにはニコチン成分も含まれていないため、家族や友人などに受動喫煙で懸念される健康被害を与える心配がなくなります。

 

②禁煙目的の使用に電子タバコが大活躍!

受動喫煙の恐ろしさは、これまで世界中で大きな問題として取り上げられてきましたが、日本国内でもここ数年で公共の施設における禁煙化、飲食店でも分煙化対策が進められるなど、受動喫煙を防止するための対策が本格的に実施されています。

従来の紙巻きタバコから電子タバコに切り替えることは、受動喫煙を防止する観点からも効果的とされていますが、それと同時に喫煙者自身の「禁煙」に向けた取り組みにも大いに役立てることができます。

禁煙化が進む時代にあり、肩身の狭い思いをしている喫煙者の中には「禁煙をしたいけど続かない」と、これまで何度も禁煙に失敗されたという方も多いのではないでしょうか。従来の紙巻きタバコには、依存性の強いニコチン成分が含まれているため、今すぐに禁煙しようと思っても上手くいかないことが多いのです。

そこで是非おすすめしたいのが、紙巻きタバコから電子タバコに“徐々に”切り替えるという方法です。

電子タバコで使用する専用リキッドは、日本国内で販売されているものであればニコチンが含まれていないため、紙巻きタバコを吸う回数を徐々に減らして、それに変わるものとして少しずつ電子タバコを併用されることをおすすめします。

ニコチン入りリキッドを使用したい場合は個人の趣向品として当サイトのような輸入代行業者から購入するしか方法はございません。

 

③リアルタバコよりも吸った感覚を味わえる電子タバコ!

日本国内で販売されているニコチンなしの専用リキッドを入れた電子タバコに慣れてくると、徐々に従来の紙巻きタバコ(リアルタバコ)を吸う回数を減らすことができ、最終的に禁煙を達成することが可能です。

日本では、薬事法でニコチン入りの電子タバコ用リキッドの販売が禁止されていますが、イギリスでは電子タバコの有害性は従来の紙巻きタバコより95%少ないという研究結果をもとに、禁煙補助を目的に医療品の一つとして電子タバコを購入することが政府から認可されています。

例えば、「最終的には禁煙を目指したいけど、ニコチン依存で禁煙に失敗しそう…」と懸念されている方は、日本国内で販売されているニコチンなしの電子タバコと海外製のニコチン入りの電子タバコを“併用”して使用するのも一つの方法です。

海外製のニコチン入りリキッドは、個人輸入をして個人で利用する場合には使用できることから、これまでの紙巻きタバコから徐々にニコチン入りリキッドの電子タバコに切り替えて、その後少しずつニコチンなしの電子タバコに身体を慣れさせて完全禁煙を目指していきましょう。

 

④ランニングコストを大きく抑えることができる!

たばこ税の増税を受け、切実に禁煙をしたいと考える方が増えましたが、その背景にはやはり「経済的な理由」が大きく影響しているようにも考えられます。

タバコ1箱500円台の時代に突入しましたが、今後も段階的にたばこ税が増税されることが決まっているため、これまで以上にタバコの価格が値上がりする可能性が十分にあります。

電子タバコであれば、電子タバコ本体を購入するための初期費用は必要ですが、「選ぶリキッドの種類」や「リキッドの量」、「電子タバコの吸い方」を工夫するだけで、1か月のランニングコストを大幅に抑えることができます。

紙巻タバコを1日1箱消費

 500円×30箱/月=15,000円

加熱式タバコを1日1箱消費

 初期費用

  IQOS本体=7,980円

 ヒートスティック

  500円×30箱/月=15,000円

電子タバコの場合

 初期費用

  電子タバコ本体=3,000円~5,000円

 ニコチン入りリキッド

  2,000~2,500円×2本/月=4,000円~5,000円

 コイル(消耗品)

  300円×2個=600

 

上記のように、電子タバコは紙巻きたばこや加熱式タバコと比べ、大幅にランニングコストを削減できることがわかります。


電子タバコで使用する専用リキッドはタールが含まれていないため、受動喫煙の防止や禁煙に効果的な他、従来の紙巻きタバコに比べてランニングコストを削減できるなど、さまざまな効果が期待できます。

たばこ税の増税や禁煙化への急速な動きに対し、肩身の狭い思いをされている喫煙者も多いかと思いますが、ぜひこの機会に電子タバコへの切り替えを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

電子タバコデビューセット