代金引換

ニコチンソルトのご紹介

ポケックスのご紹介

ボーのご紹介

review

review

review

review

facebook

instagram

review

商品カテゴリー

会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイント1,000ポイントプレゼント致します。

会員登録をする

ログイン

カートの中身

電子タバコやリキッドを検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

amazonへ出店中!

取り扱いメーカー一覧

Aspire

BO

Apollo

Black Note

Vaporfi

Wisconsin Dairy

LIQUA

Ruthless

Virgin Vapor

NicQuid

フレーバータイプ別一覧

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

コラム一覧

もっと見る

肩身の狭い思いをしていませんか?今こそ「電子タバコ」の出番です!!

安全性や受動喫煙や禁煙について

最近、日本国内でよく議題になっている「受動喫煙防止法」ですが、今後ますます喫煙者が肩身の狭い思いをするであろうことは目にみえています。

だからこそ、今こそ「電子タバコ」が多いに役立つときではないでしょうか。

 

リアルタバコ(紙巻きタバコ)を吸う喫煙者は、喫煙が身体に悪いということは分かってはいても、有害物質による依存症状やストレス発散のためと、どうしても禁煙ができない、できるはずがないと思っている方も多いようです。

 

しかし、このまま喫煙を続けていてはさらに肩身の狭い思いをするだけですし、非喫煙者である家族や恋人など、自分と親しい人が病気を患ってしまったときには喫煙していたことを絶対に後悔するはずです。

 

こういった最悪の事態を防ぐためには、もう禁煙が無理だと自分とは関係ないと思っている場合ではありません。今からでも決して遅くはないので禁煙のために、すぐにでもアクションを起こしてはいかがでしょうか。

 

 

◆家族や恋人を危険にさらす「受動喫煙」の恐ろしさ◆

リアルタバコから電子タバコへの切り替えを推奨する最大の理由、それが「受動喫煙」を防止できるということです。全国に先駆けて、神奈川県では2010年に「受動喫煙防止条例」を施行していて、兵庫県では2013年に「受動喫煙の防止等に関する条例」を施行しています。そのほか各自治体では、「路上喫煙禁止条例」を施行して受動喫煙防止のため政策が進んでいます。

 

世界には、屋内での喫煙が完全に禁止されている「屋内完全禁煙法」が施行されている国もあることから、2020年に東京オリンピックが開催される日本でも禁煙化への議論がさらに白熱していくことでしょう。

 

リアルタバコから電子タバコへ切り替えようかと検討している方、または禁煙なんて無理と思っている方は、まず「受動喫煙の恐ろしさ」について知ることも大切かもしれません。

 

《家族や恋人の健康被害を引き起こす受動喫煙》

 

「受動喫煙」とは、喫煙者が紙巻きタバコ(リアルタバコ)を吸って吐き出したタバコの煙(副流煙)を非喫煙者が吸い込んでしまうことを指します。

 

受動喫煙は非喫煙者の健康被害につながるとされており、受動喫煙が原因で死亡する人は年間1万5千人にも及ぶといわれています。受動喫煙による健康被害には、肺がんのほか、虚血性心疾患や脳卒中、乳幼児突然死症候群といった最悪の場合、死に至る恐ろしい症状が多く含まれています。

 

リアルタバコを吸い続けることで大切な家族や恋人、そして友人や周りの人々など、たくさんの人を受動喫煙者にしてしまっているのです。受動喫煙者は、自分はなにもしていないのに副流煙により日々健康被害を受けてしまい、寿命を短くしてしまっているのです。

 

《分煙だけでは意味がない!?受動喫煙の恐ろしさ》

 

受動喫煙や禁煙化に向けた日本の政策は、世界的にみるとまだまだ不十分で決して効果的だとは評価されていないようです。

 

日本では駅前や繁華街などにたくさんの喫煙所が点在していますし、飲食店内でも喫煙席と禁煙席の分煙化が進んでいます。しかし、この分煙化対策はただ単に気休めであり、受動喫煙のための効果は得られないと世界の専門家はみているようです。

 

分煙化により受動喫煙を防止できているように表面上は見えますが、完全にタバコの煙を遮断することはできず少なからず受動喫煙になってしまっているのです。

 

《喫煙は「三次喫煙」の危険性も兼ねている》

 

喫煙者が吐き出す副流煙を吸ってしまう受動喫煙は二次喫煙とも呼ばれていますが、最近では「三次喫煙」と呼ばれる被害も問題視されているのをご存じでしょうか。

 

三次喫煙は、残留受動喫煙やサードハンドスモークと呼ばれています。紙巻きタバコの火を消したあとの吸い殻に含まれる有害物質を非喫煙者が吸ってしまっている状態のことを指します。

 

リアルタバコの煙を直接吸いこまなくても、タバコの吸い殻があったり、ソファーや衣類などにタバコの煙がしみ込んでいたりすれば、間接的に受動喫煙になってしまうのです。タバコの煙がしみ込んだソファーに乳幼児を寝かせていれば、そのせいで受動喫煙になってしまい健康被害が及ぶ危険性があるのです。

 

 

◆紙たばこユーザーさんの救世主「電子タバコ」とは?◆

受動喫煙の恐ろしさを知ることで、喫煙が自分自身だけではなく大切な家族や恋人の寿命を削る可能性があることは歪めないかもしれません。これは本当に恐ろしいことですし、自分には関係ないと知らないふりをすることはできないのではないでしょうか。

 

そこで注目されているのがリアルタバコから「電子タバコ」への切り替えです。

 

《電子タバコは受動喫煙を防止するために有効な理由》

 

電子タバコには、通常のリアルタバコ(紙巻きタバコ)と違って「タール」などの有害物質が含まれていません。

 

これはすなわち、電子タバコに切り替えることで、家族や周囲の人たちに受動喫煙による健康被害が及ぶことを軽減できるということです。さらにこれは、ご自身の家族や周りの人たちにだけ関わることではなく、街を歩く一般の人や飲食店で同じときに食事をしている見知らぬ人にも受動喫煙による健康被害を与えなくて済むということでもあります。

 

リアルタバコから電子タバコを切り替えるときに受動喫煙を意識していなかったとしても、実際に多くの喫煙者が電子タバコに切り替えてに成功すれば「受動喫煙のリスク」を大きく軽減させることができるのです。

 

《電子タバコのメリットとは?》

 

喫煙者自身の禁煙にチャレンジする効果が大きいこと、それに受動喫煙率を下げることなど、リアルタバコから電子煙草に切り替えるメリットがたくさんあります。

 

そのほかにも電子タバコに切り替えるメリットは、「肩身の狭い思いをしなくて済む」という精神的な部分の解放にも繋がります。

 

最近の禁煙ブームにおいては、喫煙をしていることやタバコのヤニの臭いが身体にしみ付いていることで他人から煙たがれてしまう時代です。それほど、嫌煙家の人が増えていることでもありますし、時代に喫煙がそぐわないといった風潮に変化しているともいえます。

 

コソコソと喫煙をして肩身の狭い思いをしている喫煙者の方は多いですし、そこまでストレスを感じながら喫煙をする意味があるのかと禁煙を考えている人もいるでしょう。そのようなときに電子タバコを有効活用すれば、無理なく少しずつ禁煙を続けられる可能性があるのではないでしょうか。

 

《リアルタバコから電子タバコに乗り換えやすいワケ》

 

リアルタバコから電子タバコに切り替えるメリットの一つに、禁煙を続けられる効果の可能性があるが高いことが挙げられます。

 

日本国内で販売されている電子タバコにはタールなどの有害物質が含まれていませんが、それでも大量の水蒸気を発生するので煙を吸っているという感覚を味わうことができます。慣れるまではリアルタバコと併用しながら禁煙をしていく人が多いようです。少しずつ電子タバコに慣れてくると色々なフレーバーを楽しめるようになりますし、リアルタバコを吸う回数をどんどん減らしていくことができます。

 

従来の紙巻きタバコ(リアルタバコ)を吸うことによる「受動喫煙の恐ろしさ」についてご紹介しました。喫煙は、喫煙者自身の健康だけでなく、受動喫煙することによって大切な人の命を奪いかねない可能性があると言えるかもしれません。

 

この恐ろしさに気づいた方、または大切な人を危ない目にさらしたくないという方は、今からでも遅くはありません。ぜひ、紙巻きタバコから「電子タバコ」へ切り替えてをおすすめし、大事な人の命を受動喫煙から守ってください。

コラム一覧に戻る