会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイントプレゼント(キャンペーン期間中につき1,000ポイントに増量中)致します。

会員登録をする

review

facebook

instagram

ruthless

review

review

商品カテゴリー

ログイン

カートの中身

電子タバコやリキッドを検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

amazonへ出店中!

取り扱いメーカー一覧

Apollo

Black Note

Vaporfi

Wisconsin Dairy

LIQUA

Ruthless

Virgin Vapor

NicQuid

フレーバータイプ別一覧

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

受動喫煙防止条例について

安全性や受動喫煙や禁煙について

◆リアルたばこを吸っている人必見!無視できない「受動喫煙防止条例」について◆

 

 

リアルたばこを吸っている張本人(喫煙者)は絶対に無視できないこと、それが「受動喫煙」についてです。

 

日本国内ではここ数年、今回取り上げる受動喫煙についての条例、「受動喫煙防止条例」に関する議論が白熱しています。毎日喫煙をしながら、この話題が耳に入る機会が本当に多くなったと感じている方もいるのではないでしょか。

 

受動喫煙に関しては、決して他人事にしていてはいけません。いま、まさにその一服があなたのパートナーやお子さま、友人、周囲の人々に多大なる悪影響を与えてしまっているのです。

 

今回は、リアルたばこを吸っている人、すなわち喫煙者のみなさんにはぜひ知っておいていただきたい「受動喫煙防止条例」の基本について、禁煙に大いに役立つとされる「電子タバコ」について少しご紹介させて頂きます。

 

 

◆「受動喫煙防止条例」は決して他人事ではありませんよ!!◆

世界では欧米を中心に受動喫煙の恐ろしさが広く知られており、受動喫煙を防止するための法律や条例がいろいろと存在しています。

 

日本国内では、2010年に神奈川県が全国に先駆けて受動喫煙を防止するための条例が施行されましたが、世界的にみれば日本の受動喫煙に対する対策は非常に遅れているといわざるを得ません。

 

《受動喫煙防止条例とは?》

 

「受動喫煙防止条例」は、2010年4月1日に「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」が全国に先駆けて施行されました。

 

不特定の人、または多数の人が出入りしている公共的施設での受動喫煙を防止するために施行された条例であり、第1種施設は禁煙、第2種施設は禁煙または分煙すると区分されています。受動喫煙者への健康被害が懸念されているため、未成年者は喫煙所や喫煙区域への立入も禁止されています。

 

また、兵庫県でも受動喫煙に関する条例として「受動喫煙の防止等に関する条例」を2013年4月1日に施行されています。そのほか、全国各地で「路上喫煙禁止条例を」施行するなど、禁煙化へ流れが加速しています。

 

《受動喫煙防止条例の罰則について》

 

神奈川県が施行した受動喫煙防止条例に関しては、度重なる指令や勧告を無視して条例義務に違反したときには、罰則として5万円以下の過料が科せられることがあります。

 

また、路上喫煙禁止条例がある自治体では、条例に違反した場合には罰則に過料が科せられることもあれば、過料罰則はない条例もあるなどさまざまです。

 

《受動喫煙防止条例はいつから?》

 

日本国内では神奈川県が先駆けて受動喫煙防止条例を2010年に施行しましたが、受動喫煙に対する日本の取り組みは消極的で世界的にみると遅過ぎともいわれています。

 

2020年に東京オリンピックが開催されますが、国際オリンピック委員会やWHOは「たばこのない五輪・パラリンピックの実現」をスローガンに掲げているので、日本国内の禁煙化への動きは今後ますます拡大していくとみられています。

 

すでに世界には「屋内完全禁煙法」を施行している国が50カ国近くあります。世界的に受動喫煙の恐ろしさがたくさん議論として上がる中で、日本もこのような国をお手本にスピード感をもって受動喫煙防止のための政策を講じていくことが理想的だといえるのではないでしょうか。

 

 

◆受動喫煙防止条例と電子タバコについて◆

日本では、受動喫煙防止条例や路上喫煙禁止条例などで禁煙化への政策を進めていますが、専門家からみると日本で行われている「分煙」は全く効果がないと評価されています。

 

それは、分煙をしたからといって受動喫煙から非喫煙者の身を完全に守ることはできないですし、表面的な対策でしかないと言われているからです。

 

そこで注目されているのが、受動喫煙を防止するための「電子タバコ」の存在ではないでしょうか。

 

《受動喫煙防止条例では「電子タバコ」は例外!》

 

神奈川県が施行する受動喫煙防止条例では、公共的施設での禁煙や分煙を促しています。ここでいう「たばこ」とは一般的に製造たばこを指しているため、「電子タバコ」は例外となっています。

 

リアルタバコを吸っている喫煙者の「禁煙」にも役立てることができるのが電子タバコです。それと同時に受動喫煙者の健康被害を防止するためにも画期的なアイテムであり、数年前から日本国内の電子タバコユーザーが爆発的に増加しています。

 

《世界中で愛用されている「電子タバコ(Vape)」》

 

ここ数年のあいだに「電子タバコ」という言葉を何度耳にしたことでしょう。

 

欧米を中心に受動喫煙の恐ろしさが知られてきて、それと同時に注目度を急激に伸ばしてきたのがこの電子タバコなのです。

 

英語圏では「ベイプ(Vape)」と呼ばれ親しまれている電子タバコですが、アメリカ合衆国の西海岸では若者のマストアイテムの一つとしてベイプカルチャーなるものも存在するほどです。

 

どうして電子タバコが禁煙に役立てられて、さらには受動喫煙を防止できるかというと、それはやはり電子タバコの仕組みに秘密があるからです。

 

《セレブや若者に人気の電子タバコの仕組みとは?》

 

電子タバコが受動喫煙を防止するのに役立つ理由、それは構造や仕組みにあります。

 

電子タバコは、タバコの風味やフルーツ、ミントなどのフレーバーがついた液体タイプのリキッドを熱によって蒸発させ、そのときに発生する水蒸気を吸引して使います。

 

日本国内で販売されている電子タバコには、ニコチンやタールが含まれていません。そのため、リキッドを蒸発させて発生している水蒸気には受動喫煙で懸念されるような有害物質は含まれていないのです。

 

《電子タバコを使って徐々に禁煙を促す!》

 

喫煙は、喫煙者自身の身体にも確実に悪影響が及んでいます。そして、自分が喫煙したことが原因で受動喫煙者が健康被害というリスクを被っていることを喫煙者は決して忘れてはいけないのではないでしょうか。

 

中には、喫煙が自分にも周囲の人にも悪影響を与えていることは分かっていても、なかなか「禁煙ができない」という人もいるでしょう。どうしても禁煙が続かないと今まで断念してきた人は、今こそ「電子タバコ」に挑戦してみてはいかがしょうか。

 

いますぐに完全に禁煙できないというときには、一日に吸う紙巻きタバコの本数を抑えて、その分を電子タバコに切り替えてみるのも一つです。

 

最初のうちは慣れなくても、禁煙による口寂しさや有害物質への依存症状は少しずつ軽減されていくはずです。

 

《イギリスでは電子タバコは「禁煙補助のための医療品」!?》

 

受動喫煙の恐ろしさから日本国内では電子タバコ市場が慌ただしく進化を遂げていて、今まさに全盛期といわれるほどの勢いがあります。

 

一方で、世界に目を向けてみると電子タバコの先進国といわれる欧米では、各国で電子タバコの立ち位置が確立しつつあります。

 

たとえば、イギリスにおける電子タバコは、「禁煙補助のための医療品」として、ニコチン入りの電子タバコを合法で購入できると国から認可されています。

 

このような決断に至った経緯は、電子タバコがリアルタバコに比べて95%有害性が少ないという研究結果が発表されたからです。受動喫煙を防止すること、そして何よりも医師の指示のもと禁煙を促すために電子タバコが医療品として活躍しているのです。

 

 

◆最後に◆

日本国内では、数年ほど前から従来の紙巻きタバコ(リアルタバコ)から電子タバコに切り替えたという方が爆発的に増えました。国内に限らず世界的に受動喫煙の恐ろしさ、そして禁煙化が進んでいるなかで電子タバコの需要は今後も留まることを知りません。

 

無理に禁煙しようとして失敗するよりも、電子タバコを使って徐々に禁煙のために努力を続けることが大切です。リアルタバコによって、ご家族、そして恋人、友人、周りにいるたくさんの人たちが受動喫煙者にならないように配慮することが、いま喫煙者の方に切実に求められていることなのです。

 

コラム一覧に戻る