facebook

instagram

review

review

商品カテゴリー

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイントプレゼント致します。

会員登録をする

カートの中身

合計数量:0

商品金額:0円

電子タバコやリキッドを検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

amazonへ出店中!
ご利用可能なクレジットカード・コンビニ・銀行一覧
ecigリンク

電子タバコとリキッドは欧米が先進国

「電子タバコ」は、数年前から欧米を中心に世界中で認知されるようにあり、愛用者の数が益々増加しています。そして、電子タバコ専用の液状リキッドを販売する人気メーカーのほとんどは欧米系メーカーであり、電子タバコやリキッドは「欧米が先進国」であるといっても過言ではないでしょう。

現実に、日本国内でも欧米系メーカーから販売されているリキッドの人気はとても高く、個人輸入のサポートを行う当サイトのような専門ショップも多数あります。欧米では、VAPE(ベイプ)と呼ばれて親しまれている電子タバコですが、その影響からか、日本国内をはじめ世界中でVAPE(ベイプ)を吸う、ベイパー(VAPER)が存在しているのです。

ライフスタイルの一つとして、電子タバコ(VAPE)が日常生活に浸透している欧米各国の中でも、特に「アメリカ合衆国」や「イギリス」は世界を代表する電子タバコの先進国であるといえるでしょう。

そこで今回は、「アメリカ合衆国における電子タバコとは?」、そして「イギリスにおける電子タバコはとは?」という点についてまとめています。

◆日本と欧米の電子タバコの違い◆

日本産の電子タバコと、欧米産の電子タバコでは、明らかに異なる点があります。それは、電子タバコで使用される専用リキッド(液状)に、「ニコチン」が含まれているか否かということです。

同じ電子タバコであっても、リキッドにニコチンが含まれるか含まれていないかで、吸ったときの感じが利用者により好みが大きく異なります。日本で販売されている電子タバコのリキッドは、薬事法の関係で「ニコチンなしリキッド」が一般的です。一方、ニコチンによる規制が少ない欧米では、「ニコチン入りリキッド」の販売が認められている国もあります。

欧米では、日本人が好むようなメンソール系やミント系のフレーバーが混ざった種類のリキッドが人気ですが、欧米では、電子タバコいわゆるベイプは香りを楽しむもの、いろいろな香りをカスタマイズして試すことができることに魅力を感じている方が多いようです。

電子タバコは、従来の紙巻きタバコの代用品という印象が強い日本に比べ、紙巻きタバコとはまた違う視点で、香りや独特の使い方、水蒸気の煙の多さなどに心を奪われて愛用している方が多いのが、欧米における電子タバコいわゆるVAPE(ベイプ)の存在ともいえるでしょう。

◆アメリカ合衆国における電子タバコとは◆

欧米、中でもアメリカ合衆国で流行っている物は、その後日本国内にも流通されることが多い傾向にあります。アメリカで流行れば日本でも流行るといっても過言ではないほど、大きな影響力があるといえます。

今回ご紹介している電子タバコについても、欧米をはじめ、アメリカ合衆国を中心に人気に火が付いたことがきっかけで、数年前から日本でも注目され、今では多くの方が愛用するトレンドアイテムとなっています。

それでは、アメリカ合衆国における電子タバコの現状、そしてアメリカ合衆国発の電子タバコ関連アイテムの特徴などをご紹介致します。

※欧米を中心に、電子タバコは「VAPE(ベイプ)」や「VAPING(ベイピング)」と呼ばれます。そのため、以下では電子タバコをVAPEと記しています。

アメリカ合衆国の電子タバコの現状

日本で人気の電子タバコ、そしてアメリカ合衆国(以下、アメリカ)で人気のVAPE(ベイプ)は、実際には同じような仕組みの機器を用いて吸引する道具ですが、実際にはその捉え方が大きく異なります。

欧米を中心に人気が急上昇したVAPEは、アメリカでは禁煙アイテムとしてではなく、スタイリッシュなカルチャーとして若者を中心に愛用されているのです。日本では、禁煙を目的に使用されることが多いですが、非喫煙者であってもスタイリッシュでおしゃれだからという理由で使用することがあります。

アメリカのVAPE専門店

アメリカ合衆国のカリフォルニア州では、サーフィンやスケボーといったストリートカルチャーが浸透し、デザイナーやフォトグラファーなどのアーティストにも人気があります。

中でも、アメリカ西海岸では、最新のライフスタイルやカルチャーが次々と生み出されていて、その中の一つに「VAPEカルチャー」と呼ばれるものがあります。VAPEカルチャー発祥の地ともいわれるアメリカ西海岸は、VAPEが生活の一部として人々のあいだに浸透し、VAPE専門店やVAPEバーなどが至るところに存在しています。

《ハリウッドスターやセレブがVAPEを愛用》

アメリカでVAPE市場がこれほどまで急成長した理由、それはハリウッドスターが愛用していること、そしてソーシャルネットワークの力といえるでしょう。

VAPEが大流行する前にも、世界中で人気のハリウッドスターが旧式のVAPEを使用していたことから、その存在が徐々に人々に認知されてきたのです。そして、インターネットやスマートフォンの普及に伴い、ソーシャルネットワークが世界中のユーザーに利用されるようになりました。

ソーシャルネットワークを利用したリアルな情報がどこにいても簡単に手に入るようになり、欧米を中心に急成長したVAPEに関する情報、そして口コミが世界中に伝わってきたのです。

《ライフスタイルに浸透しているVAPE》

アメリカでは、VAPEショップと呼ばれるVAPEの専門店が沢山あるため、誰も気軽に手に入れることが可能です。若者を中心に浸透してきたVAPEですが、その存在が知れ渡るにつれ大人の愛用者も増え、今ではVAPEは真新しいものではなく自然な形でアメリカ人の生活に馴染んでいるのです。

《VAPEを楽しむ場所》

VAPEカルチャーの最先端にいるのがアメリカ合衆国であり、今後日本国内における電子タバコの立ち位置を左右するのが、アメリカにおけるVAPEの存在、そして今後の動向といえるでしょう。

先にご紹介したように、アメリカ国内では、数万軒とされるVAPEショップ、そしてVAPEバーが存在します。従来の紙巻きタバコのように、ニコチン入りの専用リキッドもあれば、ニコチンなしの専用リキッドなど、多種類のリキッド製品が販売されています。

《アメリカのVAPE規制について》

VAPEの楽しみ方が多方面に広がる一方で、必然的に課題として上がってくるのが「VAPEの規制について」です。タールや一酸化炭素などの有害物質は含まれていないVAPEです。お菓子やフルーツのフレーバーが付いたリキッドを、子どもが誤飲してしまうことがないように十分気をつける必要があります。

VAPEカルチャーが世界中で進む中、アメリカではいち早く、VAPEに関する規制を設けています。「未成年者へのVAPE販売禁止」、「未成年者のVAPE使用禁止」、そして「公共スペースでのVAPE使用を禁止」などがVAPEに関する規制です。

《今後もアメリカVAPEカルチャーの動向に注目!》

スタイリッシュで自分好みにカスタマイズできるVAPEは、アメリカカルチャーに根強く浸透していることから、今後も新しい製品が登場し、豊富な香りを持つリキッドが生み出されていくことでしょう。

規制を守り、正しく、そして安全にVAPEを楽しむためには、使用する人それぞれがマナーを守り使用することが大切です。アメリカのVAPEカルチャーが、日本の電子タバコ業界に大きな影響を与えるのは必然的です。電子タバコ愛用者の方、これから電子タバコを使いたいという方は、アメリカのVAPEカルチャーの動向を今後も注目していきたいところです。

◆イギリスにおける電子タバコとは◆

欧米を中止に人気を集めているVAPEですが、ヨーロッパ諸国とアメリカ合衆国のVAPE事情は大きく異なるといえるでしょう。アメリカ合衆国の州により、VAPEに対する規制が異なるように、ヨーロッパ諸国でも、国によってVAPEへの規制が異なります。

日本国内における電子タバコの需要もここ数年、確実に伸びているといえます。将来的には、従来の紙巻きタバコに打って変わるような存在になる可能性もあることから、今後も世界の電子タバコ(以下、VAPE)事情には目を向けていきたいものです。

《イギリスの電子タバコの現状》

ヨーロッパ諸国の中でもイギリスに限っていえば、「VAPEは医療品として許可されている」という大きな特徴があります。イギリス国内で、VAPEが医療品として許可されたのは2016年からで、医師からの処方箋があればニコチン入りのVAPEリキッドを手に入れることができます。

ヨーロッパ諸国の中には、ニコチン入りのリキッドを使うVAPEの販売、使用を禁止している国もありますが、イギリスではとしての認識が強く、肯定的な考え方をされる傾向にあります。

《イギリスの保健省による調査発表が大きく影響》

イギリス国内には、VAPEカルチャーが浸透し、アメリカと同じく世界におけるVAPE先進国といわれています。イギリスでは、医療費としてVAPE製品が認知され、禁煙をサポートするためのアイテムとして支持されている理由は、イギリスの保健省により発表された調査報告が大きな要素となっているようです。

VAPE愛用者や、タバコ業界など、世界中を巻き込む論争を引き起こす調査結果が、イギリスの保健省により発表されました。その内容は、「電子タバコ(VAPE)は従来の紙巻きタバコより有害性が95%少ない」ということです。

その後、2016年にはイギリス政府が正式に「電子タバコ(VAPE)は禁煙補助アイテム」として認可したことから、禁煙を目的に治療中の患者を対象に医師による処方を受ければVAPEを使用することが可能になりました。電子タバコによる禁煙効果が50%アップしたという研究報告もあり、イギリスにおけるVAPEは、スタイリッシュでおしゃれなアイテムというよりも禁煙することを目的とした医療器具としての存在感が強いようです。

《イギリスではVAPEマナーが浸透している》

世界でも名高いVAPE先進国であるイギリスでは、医療の一環であり、禁煙補助アイテムとしてVAPEが使用されています。そのため、イギリス国内でVAPEを使用しているVAPER(ベイパー)たちのあいだでは、「VAPEマナー」を常に意識して節度を保ち使うということが浸透しているようです。

イギリス保健省により、電子タバコは従来の紙巻きタバコより有害性が95%少ないと発表されましたが、もちろんこれは有害性がないということではありません。そのため、イギリス国内では未成年者への販売、使用は禁止されていますし、周りの人へ配慮して使用する、そして時と場所を考えて使用するというVAPEマナーが確立しているのです。

《安全性や品質の高さを重視したイギリス産VAPE》

VAPEの使用が問題視されるのは、ほとんどのケースが身体への影響です。イギリス国内のVAPE製造・販売メーカーは、VAPEが医療品として認可された禁煙補助アイテムであり、常に「安全性や品質の高さ」を重視した製品を世に送り出しています。

世界的な健康志向ブームが進む中、イギリスをはじめとした欧米では各国により様々な見解はあるものの、VAPEが将来的に従来の紙巻きタバコに代わる存在として注目されているのは確かです。そのような時代背景においても、イギリス政府がVAPEを禁煙補助としての医療用アイテムとして認可したことは、世界中で大きな衝撃を与えるニュースとなりました。

◆まとめ◆

アメリカ合衆国とイギリスは、世界的にみても「電子タバコ(VAPE)」の最先端を進んでいる国であるといえるでしょう。それぞれの国における電子タバコ(VAPE)の現状をみると、アメリカとイギリスでは電子タバコ(VAPE)に対する風向きが大きく異なっていることが分かります。

アメリカでは、電子タバコ(VAPE)が身体に与える影響を考慮し、未成年者への販売、そして使用を規制しています。需要が高まり愛用者が増えれば、それに伴い規制やルールができるのは必然的であるといえます。アメリカには、VAPEショップをはじめ、VAPEバーが多数存在しています。規制が進められているとはいえ、アメリカ国内、そしてアメリカ人のライフスタイルに、電子タバコ(VAPE)が深く浸透しているのです。

一方イギリスでは、未成年者への販売、使用に関しての規制はありますが、電子タバコ(VAPE)の使用が従来の紙巻きタバコに比べ95%有害性が低いと発表したことを受け、イギリス政府が「禁煙補助」のための医療品として認可しています。

今回ご紹介した電子タバコ(VAPE)の先進国である「アメリカ合衆国」と「イギリス」ですが、国によりこれほどまでに電子タバコ(VAPE)に対して大きな違いがあるのです。日本国内では、ここ数年で電子タバコに対する認知が広がり、電子タバコへの関心が大きく高まっているといえます。

電子タバコ(VAPE)の先進国であるアメリカやイギリスの流れは、日本の電子タバコ業界にも大きく影響し、電子タバコを正しく安全に使用するための流れが徐々に確立されていくことが予想されます。このことからも、アメリカ合衆国、そしてイギリスが「電子タバコ(VAPE)の先進国である」という見解は間違っていないといえるでしょう。


コラム一覧