facebook

instagram

review

review

商品カテゴリー

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイントプレゼント致します。

会員登録をする

カートの中身

合計数量:0

商品金額:0円

電子タバコやリキッドを検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

amazonへ出店中!
ご利用可能なクレジットカード・コンビニ・銀行一覧
ecigリンク

電子タバコリキッド通販サイト トップへ > 英国内科医師会も電子タバコを推奨

英国内科医師会も電子タバコを推奨

新しく発表された英国内科医師会の報告書と英国内科医師会顧問機関の議長であるジョン・ブリトン教授表明文(2016.4.28発表)


当サイトは今までに、「電子タバコの有害性が低いと公的機関が承認」「電子タバコの有害性について」「医学博士による安全性検証論文」などをご紹介させて頂きました。


この度は権威のある英国内科医師会が公的に発表した記事の本文を当サイトが翻訳したものをご紹介致します。


記事の内容と致しましては「喫煙の代わりに電子タバコを広く促進する」という記事の内容になっております。前回、ご紹介させて頂いたたイングランド保健省の管轄下にあるPublic Health England(イングランド公衆衛生庁)が「電子タバコの有害性は喫煙の95%以下」と認めるとの記事同様に非常に興味深い内容となっております。


また、先日、報道されましたアメリカでの「18歳未満への規制」については当サイトとしては歓迎致します。今後、日本でも電子タバコが流行るにつれてFDA(アメリカ食品医療局)で認可されたものだけ流通するためにも、この様な規制は歓迎いたします。

当然、当サイトの取扱っている商品はFDA(アメリカ食品医療局)が認可した原材料を使用し、GRAS(アメリカ食品医薬局認可の安全基準)、USDA(アメリカ合衆国農務省)が認可した製品のみをご紹介させて頂いております。


日本では過去に何度も電子タバコの身体への悪影響が報道されていますが、権威のある英国内科医師会の公式の発表を皆様にご紹介し、電子タバコに対して不信感や不安感を抱いている方に、ぜひご一読いただきたいと思いご紹介させて頂きます。



英国内科医師会顧問機関の議長であるジョン・ブリトン教授表明文と英国内科医師会の公式発表の報告書です。報告書と表明文が非常に長いので2ページ分けて掲載させて頂きます。


Promote e-cigarettes widely as substitute for smoking says new RCP report


新しく発表された英国内科医師会の報告書
「喫煙の代わりとして電子タバコを広く促進する」


https://www.rcplondon.ac.uk/news/promote-e-cigarettes-widely-substitute-smoking-says-new-rcp-report


A new report released today from the Royal College of Physicians,‘Nicotine without smoke: tobacco harm reduction’ concludes that e-cigarettes are likely to be beneficial to UK public health. Smokers can therefore be reassured and encouraged to use them, and the public can be reassured that e-cigarettes are much safer than smoking.


英国内科医師会が新しく発表した報告書「無煙のニコチン: タバコによる健康被害の削減」は、「電子タバコはイギリスの公衆衛生において有益である」と結論付けています。ですから、喫煙者には電子タバコの使用が奨励されるだけではなく、国民全体が電子タバコは喫煙よりもはるかに安全であると再認識することができるのです。


Tobacco smoking is addictive and lethal. Half of all lifelong smokers die early, losing an average of about 3 months of life expectancy for every year smoked after the age of 35, some 10 years of life in total. Although smoking prevalence in the UK has reduced to 18%, 8.7 million people still smoke. Harm reduction provides an additional strategy to protect this group of smokers from disability and early death.


喫煙には中毒性があり、死を招きます。一生涯の喫煙者のうちの半分は早くに亡くなります。35歳を過ぎると、余生は毎年3ヵ月ずつ減り、合計で10年にもなります。イギリスでの喫煙者数は18%に減りましたが、8億7千万人の人が未だ喫煙をしています。喫煙による健康被害の削減は、これらの人々を疾病や死から守ることにつながるのです。


Since e-cigarettes became available in the UK in 2007, their use has been surrounded by medical and public controversy. This new 200-page report examines the science, public policy, regulation and ethics surrounding e-cigarettes and other non-tobacco sources of nicotine, and addresses these controversies and misunderstandings with conclusions based on the latest available evidence:


電子タバコが2007年にイギリスで販売されるようになってから、その有益性については医療や公衆衛生の面から議論されてきました。この200ページに及ぶ新しい報告書では、電子タバコとその他のニコチン含有製品の科学、秩序、規制、倫理についての考察と、それらの製品に関する論争や誤解について最新の証拠に基づいた議論がなされています。


E-cigarettes are not a gateway to smoking – in the UK, use of e-cigarettes is limited almost entirely to those who are already using, or have used, tobacco


電子タバコは喫煙の入り口にはなりません。イギリスでは電子タバコの使用は喫煙者や喫煙経験がある人々のみに制限されています。


E-cigarettes do not result in normalisation of smoking – there is no evidence that either nicotine replacement therapy (NRT) or e-cigarette use has resulted in renormalisation of smoking. None of these products has to date attracted significant use among adult never-smokers, or demonstrated evidence of significant gateway progression into smoking among young people.


電子タバコは喫煙の常態化につながりません。ニコチン置換療法や電子タバコの使用が喫煙の常態化につながるという証拠はありません。これらの製品によって、喫煙経験のない成年層の使用が著しく増えるということもなければ、若年層が喫煙に至る入り口となる証拠はないのです。


E-cigarettes and quitting smoking - among smokers, e-cigarette use is likely to lead to quit attempts that would not otherwise have happened, and in a proportion of these to successful cessation. In this way, e-cigarettes can act as a gateway from smoking


電子タバコと禁煙について。喫煙者の間では、電子タバコは過去に感じることのなかった禁煙への試みに導くものであり、実際に禁煙に成功している人もいます。この場合、電子タバコは喫煙からの出口と言えます。


E-cigarettes and long-term harm - the possibility of some harm from long-term e-cigarette use cannot be dismissed due to inhalation of the ingredients other than nicotine, but is likely to be very small, and substantially smaller than that arising from tobacco smoking. With appropriate product standards to minimise exposure to the other ingredients, it should be possible to reduce risks of physical health still further. Although it is not possible to estimate the long-term health risks associated with e-cigarettes precisely, the available data suggest that they are unlikely to exceed 5% of those associated with smoked tobacco products, and may well be substantially lower than this figure.


電子タバコと長期使用による健康被害について。電子タバコの蒸気に含まれるニコチン以外の物質を長期的に吸入することによる健康被害については見過ごされるべきではありませんが、電子タバコの蒸気に含まれる有害物質はタバコの煙に含まれる有害物質に比べて非常に少ないのです。適切な安全基準によってニコチン以外の物質の摂取を最低限に減らすことで、身体的健康へのリスクはさらに減らすことができます。電子タバコの長期使用による健康被害を正確に予測することはできませんが、タバコによる健康被害の5%にも満たないことはデータによって証明されており、さらに低い数字である可能性もあります。


The report acknowledges the need for proportionate regulation, but suggests that regulation should not be allowed significantly to inhibit the development and use of harm-reduction products by smokers. A regulatory strategy should take a balanced approach in seeking to ensure product safety, enable and encourage smokers to use the product instead of tobacco, and detect and prevent effects that counter the overall goals of tobacco control policy.


この報告書は電子タバコに対する賢明な規制の必要性を認めていますが、「規制は喫煙による健康被害を削減する製品の発展と使用を抑制するものであってはならない」としています。電子タバコに対する規制を設ける際には、製品の安全性を証明し、喫煙者がタバコの代わりに電子タバコを使用できるように、バランスのとれた法整備が行われるべきです。


Professor John Britton, chair of the RCP’s Tobacco Advisory Group, said:


The growing use of electronic cigarettes as a substitute for tobacco smoking has been a topic of great controversy, with much speculation over their potential risks and benefits. This report lays to rest almost all of the concerns over these products, and concludes that, with sensible regulation, electronic cigarettes have the potential to make a major contribution towards preventing the premature death, disease and social inequalities in health that smoking currently causes in the UK. Smokers should be reassured that these products can help them quit all tobacco use forever.


英国内科医師会顧問機関の議長であるジョン・ブリトン教授は下記のように述べています。


タバコの代わりとして電子タバコが広く使用されるようになり、潜在的リスクと有益性について数々の論争を巻き起こしてきました。この報告書は、電子タバコをめぐるほぼ全ての懸念を退けており、賢明な規制のもとで使用されれば、電子タバコが現在イギリスで喫煙が原因となっている早死、疾病、健康に関する社会的平等を防ぐために大きく貢献する可能性があると結論付けています。 喫煙者は、電子タバコを永遠の禁煙に導く補助器具として再認識する必要があります。


RCP president Professor Jane Dacre said:


Since the RCP’s first report on tobacco, Smoking and health, in 1962, we have argued consistently for more and better policies and services to prevent people from taking up smoking, and help existing smokers to quit. This new report builds on that work and concludes that, for all the potential risks involved, harm reduction has huge potential to prevent death and disability from tobacco use, and to hasten our progress to a tobacco-free society. With careful management and proportionate regulation, harm reduction provides an opportunity to improve the lives of millions of people. It is an opportunity that, with care, we should take.


英国内科医師会総裁のジェーン・ダクレ教授は下記のように述べています。


1962年に英国内科医師会がタバコ、喫煙、健康に関する報告書を最初に発表してから、人々を喫煙から守るため、そして喫煙者を禁煙させるため、より良い規制について常に議論してきました。この新しい報告書はそれに基づいたものであり、電子タバコがイギリスで喫煙が原因となっている死、疾病、健康に関する社会的不平等を防ぎ、タバコにとらわれない社会への進展に大きく貢献する可能性があると結論付けています。
慎重な管理と相応の規制を行えば、健康被害の削減は数百万人の生活を向上させる機会となります。これは慎重ながらもつかむべき機会です。


出典 : https://www.rcplondon.ac.uk/news/promote-e-cigarettes-widely-substitute-smoking-says-new-rcp-report



英国内科医師会の公式発表の報告書

今後もこの様な記事が発表されると思いますが、今後の電子タバコに対しての考え方に大きく影響することではないかと思います。

しかしながら、どの電子タバコ・リキッドを使用したのかなど細かいデータはないですが、当サイトとしては電子タバコ本体というより、リキッドが重要だと思っております。

当サイトでご紹介させて頂いてますリキッドは自信を持ってお勧めできる商品と思っております。


当サイトとしましては、今後もユーザーの皆様に正確な情報をご提供する事も非常に大切な事と思っております。