facebook

instagram

review

review

会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイントプレゼント致します。

電子タバコやリキッドのカゴの中を確認出来ます。

合計数量:0

商品金額:0円

電子タバコリキッド買い物カゴの中を見る

電子タバコ(Vape)とアイコス・プルームテックとの違いは?

日本国内に限らず、海外でも爆発的な人気を集めている「電子タバコ」ですが、同じく日本国内で電子タバコと同じように注目を集めているのが「アイコス(iQOS)」や「プルームテック(PloomTECH)」といった製品です。

アイコスやプルームテックは、タバコの種類の中で加熱式タバコとして分類され、常に売り切れ、品薄状態が続いている人気製品です。


電子タバコと加熱式タバコの両者を合わせて、「新型たばこ」と呼ぶこともあります。将来的には紙巻きタバコのシェア率を追い越して、新型タバコのシェア率が逆転するのではないかと予想されています。


喫煙者の中には、これから禁煙をしようと思っている方、すぐに禁煙はできないけれど、家族や周りの人への悪影響が心配、と考えている方も多いようです。この事からも、一般的な紙巻きタバコではなく、電子タバコやアイコス・プルームテックなどの加熱式タバコが世界的に大きく注目されているのです。


そこで、電子タバコやアイコス・プルームテックといった加熱式タバコの特徴などをもとに、それぞれの違いについてご紹介します。基本的なタバコの種類、そして電子タバコや加熱式タバコの特徴や違いなどを知ることで、ご自身に合う製品を選ぶことが大切です。


◆タバコの種類は大まかに分けて3つ◆

現在、日本国内で販売されているタバコの種類は、大まかに分けて3つあります。

一つは、一般的にみられる昔ながらの「紙巻きタバコ」、そして新型タバコと呼ばれる「電子タバコ」や「加熱式タバコ」です。


紙巻きタバコ

紙巻きタバコ


世界的に知られている一般的なタバコといえば、「紙巻きタバコ」です。

細かくしたタバコの葉を、専用の紙(シガレットペーパー)で巻いてあります。紙巻きタバコの着火部分に火を付けて、吸い込み口から煙を吸い込み、その後吐き出すという吸い方をするタバコです。


紙巻きタバコの煙には、依存性のあるニコチンと、タールといった有害物質が多く含まれています。そのため、喫煙者はもちろんのこと、周りにいる人が副流煙を吸い込み、受動喫煙者となってしまう危険性があります。有害物質には、発がん性物質が含まれるなど、喫煙者のみならず、受動喫煙者の心身にも悪影響を及ぼす可能性が高いとされています。


実は紙巻タバコの最終加工場は日本ですが、タバコの葉、専用の紙(シガレットペーパー)、フィルターなどは実は中国での生産が今では一番比率を占めていると言われています。


紙巻きタバコを吸うことでデメリットになる点が多いことから、禁煙を目指している人、タバコはやめられないけど、大切な人に配慮して悪影響が極力少ない方法でタバコを吸いたいという方もいるでしょう。そのような方におすすめなのが、次にご紹介する新型タバコと呼ばれる「電子タバコ」や「加熱式タバコ」です。


電子タバコとは?

電子タバコ


「電子タバコ」とは、その名の通り電気を用いて吸うタイプのタバコです。欧米を中心とした海外では、電子タバコは「ベイプ」と呼ばれ人気があります。


電力を使って液体を気化して霧状の煙(気体)を発生させるタバコの型をした吸引器具です。霧状の煙を発生させる元となる液体に、ニコチン入りのリキッドを使えば本当のタバコに近い味になります。リキッドにタールが入ってなく、一酸化炭素の吸引が無いので健康を大切にする欧米では普通に普及しているのが電子タバコです。


日本国内で販売されている電子タバコの専用リキッドは、タールやニコチンは含まれていない香りがついたフレーバー入りのリキッドが一般的でありニコチン入りのリキッドの販売は法律で禁止されています。


一方、海外で販売されている電子タバコのリキッドには、タールは含まれていませんが、ニコチン入りの製品が主流であり、欧米を中心にさまざまな液体リキッドが販売されていることから、当サイトのような個人輸入代行業者を介して海外製の電子タバコを利用することもできます


健康志向の高い欧米ではすでに市場規模が約4兆円以上の産業であり、同じく健康志向が高い日本でも今後、ヒットが見込まれており、最近では、TVや雑誌に取り上げられる事が非常に多くなりました。


アメリカでは2014年2月5日に全米7600店舗ある大手コンビニのCVSが2014年10月までにタバコの販売を段階的に打ち切るなど非常に注目されており、欧米などは専門店は基よりコンビニ・ガソリンスタンドにも普通に普及しています。


世界には数多くの電子タバコメーカーが存在致しますが、電子タバコ機器の製造は中国の寒川地区(中国経済特区)にて世界の90%以上の製造シュアがあると言われております。ほぼ世界の電子タバコメーカーにおいては中国で製造しているのが現状です。


しかし、リキッドはアメリカを中心に欧米での製造が主ですが、一部の欧米メーカーはコストが安い事で中国で生産しているメーカーもございます。日本で流通しているリキッドはほとんどが中国産のリキッドと言われております。

当サイトは様々な事情を鑑みまして中国産の商品の取扱いは休止に致しました。


また、当サイトはJoyetech社Apollo社と直接取引をしており、純然たるメーカーの正規品のみを扱っています。最近、コピー製品などが出回っていますが、当サイトはメーカーの正規登録店として下記の商品を自信を持ってお勧め致します。


加熱式タバコ?

加熱式タバコ


電子タバコと同じく新型タバコとして注目されているのが、「加熱式タバコ」です。

加熱式タバコは、文字通り加熱をすることで吸うタイプのタバコです。一般的な紙巻きタバコと同じく、加熱式タバコの仕組みも刻んだタバコの葉を使います。しかし、タバコの葉に直接火を付けることはなく、電気で加熱することで発生する香りや風味を楽しむタイプのタバコです。


火を使用しない加熱式タバコは、一般的な紙巻きタバコに比べると、煙の量や臭いが少ないことから喫煙者をはじめ、周りの人への影響を最小限に抑えることができます。


◆電子タバコとアイコス・プルームテックの違いとは?◆

電子タバコとアイコス


「アイコス(iQOS)」は、フィリップモリス(Philip Morris)から販売されている加熱式タバコです。「プルームテック(PloomTECH)」は、JT(日本たばこ産業)から販売されている製品です。


リキッドを使うか・タバコの葉を使うかの違い

電子タバコとアイコス・プルームテックなどの加熱式タバコの一番の違いは、「リキッドを使うか、タバコの葉を使うか」という点です。


電力の熱を用いて発熱させるという点は同じですが、電子タバコは液体状の専用リキッドに熱伝導を行い、それにより発生した水蒸気を吸うという方法を用いたタバコです。


一方で、アイコス・プルームテックのような加熱式タバコの場合は、リキッドを用いらず、専用のヒートスティックやたまごカプセルにタバコの葉が入っており、それを加熱することによりタバコを吸うという方法のタバコです。


煙の量の違い

煙


リキッドとタバコの葉を用いるかどうかで、大きな違いがあります。リキッドを用いる電子タバコは、水蒸気を吸うことが目的のタバコであることから、水蒸気による煙の量がとても多いといった特徴があります。


一方、アイコス・プルームテックなどの加熱式タバコは、熱で温めて発生する香りや風味を吸い込んで味わうタイプのタバコです。タバコの葉を使っていても、火を使わないことから、一般的な紙巻きタバコに比べると煙の量が少なく、大量に発生する水蒸気を吸う電子タバコに比べると煙の量が非常に少なく感じます。


タールが含まれているかいないかの違い

タール


一般的な紙巻きタバコを吸うことの最大のデメリットは、数百種類もの化合物が含まれるとされるタールによる悪影響が懸念されることです。燃やすことで発生する有害物質のタールは、喫煙者はもちろんのこと、家族や友人、周囲の人が受動喫煙者となり、心身に悪影響を及ぼすことがあるのです。


タールのような有害物質は、発がん性物質と呼ばれ、喉頭がんや肺がん、肝臓がんなどになるリスクを高める危険性があります。


そこで、近年注目されているのが、電子タバコの存在です。

電子タバコの大きな特徴の一つに、「タールが含まれていない」ということが挙げられます。日本国内で販売されている電子タバコ専用の液体状のリキッドには、タールをはじめ、ニコチンも含まれていません。


一方、タバコの葉を使うアイコス・プルームテックといった加熱式タバコは、紙巻きタバコと同様にタールやニコチンが含まれています。しかしながら、アイコスを販売するフィリップモリス社によると、有害物質を9割削減することに成功したと発表されていることから、喫煙者本人をはじめ、周囲の人への有害副流煙の影響を最小限に抑えることも夢ではないのです。


価格の違い

価格


電子タバコと、アイコス・プルームテックなどの加熱式タバコでは、製品により「価格の違い」が生じることがあります。年間コストで考えると、圧倒的に電子タバコの方が、加熱式タバコに比べると安くなるといえます


電子タバコの専用リキッドはフレーバーや種類も豊富であることから、製品選びを工夫することで費用を大きく抑えることも可能です。最近では、大容量リキッドも販売されていることから、計画的に使用することでコストを抑えることができます。


加熱式タバコは、アイコスにかかる初期費用は10,000円ほど、プルームテックにかかる初期費用は安くて2,500円ほどです。加熱式タバコの場合は、タバコの葉が入っている専用のヒートスティックやたまごカプセルを購入して使います。ヒートスティックやたまごカプセルのほか、加熱式タバコの本体にも寿命があるため、使い方によっては早期に買い替えが必要になります。


ニコチンが含まれるか否かの違い

ニコチン


アイコス・プルームテックなどの加熱式タバコは、タバコの葉を用いることから、タールのほか、ニコチンも含まれています。アイコスでは、有害物質の9割を削減することに成功したと発表していますが、タールやニコチンの影響を受けないとは100パーセント言い切れません


一方、日本国内で販売されている電子タバコ用の専用リキッドには、タールをはじめ、ニコチンも含まれていません。リキッドには、タバコ風味、ミント、フルーツ、飲み物の香りなど、さまざまなフレーバーがついた製品があります。


タールやニコチンが含まれていない電子タバコは、香りで気持ちを落ち着かせ、水蒸気を大量に発生させることで、通常の紙巻きタバコを吸っているような感覚で吸えることが特徴です。


禁煙目的で電子タバコを使用するときには、ニコチンなしの電子タバコではどうしても長く続かないという方もいるでしょう。

そのような時には、海外製のニコチン入りのリキッドを使用することで、徐々に電子タバコに慣れていき、最終的にはニコチンなしのリキッドを用いて禁煙をするという流れがおすすめです。


フレーバーの種類の違い

フレーバー


電子タバコで使う専用リキッドは、日本国内だけでもさまざまなメーカー、そして多様なフレーバーが付いた製品が販売されています。


欧米を中心に販売されている製品には、“ニコチンを含むリキッド”が主流であり、ニコチンを含まないリキッドなども、日本国内で販売されている製品よりも、さらに充実した種類の製品が販売されています。このように、電子タバコは、さまざまな種類のリキッドから自分に合うものを選ぶことができるのです。


一方、加熱式タバコは、現在(2017年4月)、アイコスであれば専用のヒートスティックが全6種類、プルームテックの専用のたまごカプセルは全3種類あります。

電子タバコのリキッドの種類に比べると、種類が少ないという印象を受けます。


使用方法の違い

電子タバコの使用方法


電子タバコと、アイコス・プルームテックなどの加熱式タバコでは、火を使わないタバコであるという認識は同じですが、「使用方法」はそれぞれ異なります。


どちらもバッテリーの電力を用いて温めて使用しますが、吸い込むときに、電子タバコは毎回ボタンを押しながら吸う必要があり、加熱式タバコはボタンを押さないでもすぐに吸うことができるということです。


電子タバコは、バッテリーからの電流を受けたコイルにより、水蒸気の元であるリキッド部分を温めて、大量の水蒸気を発生させることができます。ボタンを押しながら使用するため、加熱式タバコのようにくわえタバコになることはありません。


◆まとめ◆

日本国内にあるタバコは、主に通常の「紙巻きタバコ」をはじめ、新型タバコと呼ばれる「電子タバコ」や「加熱式タバコ」です。同じタバコという枠の中にあっても、含まれる成分や使い方、仕組み、構造、価格などが大きく異なります。


通常の紙巻きタバコは、発がん性のあるタールなどの有害物質や、依存性のあるニコチンを含むことから、喫煙者のみならず、周りにいる家族や友人にも悪影響を及ぼす危険性が高いとされています。


そのような問題を改善するために、近年支持されているのが新型タバコである、電子タバコや加熱式タバコなのです。


電子タバコは、さまざまなフレーバーがある専用リキッドを自由に選ぶことができるほか、日本国内で販売されているものであればニコチンなし、海外製品を個人輸入すればニコチン入りのリキッドなど、多種多様な製品から選ぶことができます。


ニコチンの有無はご自身で選択することができますが、電子タバコはタバコの葉を一切しようしていないことから、有害物質であるタールは含まれていないことが特徴です


加熱式タバコは、常に売り切れ状態、品薄状態が続いている人気アイテムです。世界有数のタバコメーカーから、アイコスやプルームテックといった製品が販売されています。タバコの葉を使っているにも関わらず、火を使ないことから煙や臭いを最小限に抑えることができるため、喫煙者や非喫煙者双方から高い評価を受けています。


なかなか禁煙ができないという喫煙者は、肩身の狭い禁煙ブームの中で周囲をそれほど気にすることなくタバコを吸うことができるでしょう。そして、それこそが電子タバコや加熱式タバコが支持される一番の理由であるといえるでしょう。


タバコの臭いや副流煙により受動喫煙となっている非喫煙者である家族、小さなお子さま、友人、会社の同僚、そして一緒に暮らしているペットなど、大切な方に配慮した行動を起こすためには、今からでも遅くはありません。


紙巻きタバコを卒業し、心身への悪影響を最小限に抑えた電子タバコや、加熱式タバコといった新型タバコに切り替えることを、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。