新規会員登録1000ポイント+メルマガ登録でお得なクーポン

電子タバコやリキッドを検索

メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

コラム

フレーバータイプ別一覧

初めての方におすすめ

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

取り扱いメーカー一覧

Apollo

NicQuid

Vaporfi

Ruthless

Wisconsin Dairy

Virgin Vapor

Black Note

BLVK

LIQUA

豪タバコの害削減協会発表!電子タバコは紙タバコよりも95%安全。事実か否か?

安全性や受動喫煙や禁煙について

昨今、街中では禁煙対策の流れが広まっていることから、分煙や禁煙の意識が喫煙者・非喫煙者ともに強くなりましたよね。このような流れから、禁煙を目指す方も増えたことも事実です。ここでは、『Public Health England(英国政府の公衆衛生機関)』と『Royal College of Physicians(英国王立医師会)』のたばこ諮問委員会の両方による電子タバコの安全性が発表された翻訳を基にご説明させていただきます。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

 

電子タバコの始まりとは?

電子タバコの始まり

電子タバコは、アメリカにて世界初の電子タバコが誕生しています。電子タバコを発明したのはハーバード・ギルバートと言う人物で、煙を出す代わりに紙やタバコを熱して蒸気を吸う機能は、当時は画期的発明として注目されていましたが、実用化されるチャンスは無く終わっています。この時代と言うのは、タバコの有害性に関する研究が発展していなかったことや、庶民のステータスにタバコが認知されていたこともあり、大手タバコ会社も電子タバコの需要がなかったことが挙げられます。

また、タバコと言うのは高い税収が期待できるアイテムだったことから、税収減少の原因になってしまう恐れがある電子タバコは、当時、国家にも歓迎されないアイテムであったと言われています。因みに、現在の電子タバコが広く世の中に普及したきっかけと言うのは、2003年頃に現在の電子タバコの初期であるリキッドを気化させた電子タバコが発案されたのが始まりです。アメリカやヨーロッパで電子タバコの販売を試み、その結果、海外人気が高まったことを機ににほんでも電子タバコの普及は現在に至っています。

 

紙タバコに比べて電子タバコの有害性が低い理由とは?

電子タバコの有害性が低い理由

紙タバコと比較して95%安全

電子タバコは紙タバコに比べて95%安全と言われていますが、実際にこれは本当であるのか否か、科学的証拠に基づいたものであるのか、その事実を裏付ける科学的証拠として、『Public Health England(英国政府の公衆衛生機関)』と『Royal College of Physicians(英国王立医師会)』のたばこ諮問委員会の両方による電子タバコの安全性が発表されています。

英国王立医師会では、「電子タバコに関連する長期的健康リスクを正確に定量化することはでないが、電子タバコと紙タバコやそれらに関連した製品を比較した場合、健康リスクの差は5%以下になり、また、この数字より低い可能性もあり得ます。」と報告されています。

この結果は、Public Health EnglandとRoyal College of Physiciansのたばこ諮問委員会、これら両方による科学的証拠を元にした包括的批評に基づいており、両機関共に電子タバコに対して同じ結論を発表しています。また、米国では全米科学アカデミー(National Academies of Sciences, Engineering and Medicine)が、可燃性タバコに比べて電子タバコの低リスクを結論付けています。

喫煙者や医療従事者にとって、タバコのリスクレベルの目安を示すにあたり、英国や米国で発表された内容は、禁煙の傾向がある現代社会にとって非常に役立つ情報です。ただ単に有害性が低いということだけでは曖昧ですが、この95%と言う明確な数字が示されていることで、現実的に、喫煙者にとって体の被害が減ることはもちろん、副流煙の被害も軽減していくことができると言えます。

以下、オーストラリアのタバコの害削減協会が、「電子タバコは紙タバコよりも95%安全。事実か否か?」というタイトルで発表していた内容の翻訳です。

電子タバコは紙タバコよりも95%安全だとよく言われているが、これは単にデマなのか、それとも確かな科学的証拠に基づいたものなのか?「95%」を裏付ける科学的証拠と関連する主な医療機関をこれから紹介していく。

この推定値は、Public Health England(英国政府の公衆衛生機関)とRoyal College of Physicians(英国王立医師会)のたばこ諮問委員会の両方による科学的証拠を元にした包括的な批評に基づいている。

両機関とも同じ結論に達し、2015年2018年にはPHE、2016年にはRCPが発表した。

英国王立医師会は、「電子タバコに関連する長期的な健康リスクを正確に定量化することはできませんが、データによると、電子タバコと紙タバコやそれらに関連した製品を比較した場合、健康リスクの差は5%以下になることが示唆され、また、この数字より低い可能性もあり得ます。」と述べた。

上記の「95%」という数字は、2014年にデビッド・ナット教授が率いる国際的な専門家のグループによってすでに推定されており、その当時は賛同しなかったPHEとRCPが、今回同じ結論に達したと発表した。

米国では、科学界の代表的な機関である全米科学アカデミー(National Academies of Sciences, Engineering and Medicine)が、電子タバコは可燃性タバコよりも「はるかに低リスク」であると結論付けているが、実際のパーセンテージは述べていない。

もちろん、正確な数字はそれほど重要ではないが、喫煙者や医療従事者にとってリスクレベルの目安を示すのに役立つことは間違いない。ただ有害性が低いというだけでは、あまりにも曖昧である。明確な数字を示すことで、喫煙全体の30%60%、もしくは99%の被害が減るかもしれないのだ。「95%」という数字は、現実的なレベルを伝えるのに役立つはずである。

タバコの害のほとんどは、タバコの葉を燃やすことで発生するタール、一酸化炭素、その他数千もの毒素に起因している。一方、電子タバコは液体を加熱して、水蒸気を発生させるものである。比較すれば、紙タバコより電子タバコのほうがはるかに低リスクなのは明らかである。

第一に、煙に含まれる有害物質のほとんどは、蒸気には全く含まれておらず、また水蒸気のなかに存在する他の物質はすべて低い濃度であり、ほとんどが1%以下の含有レベルである。毒素が紙タバコの煙に比べてはるかに少ないことは、健康被害もはるかに少ないと言える。

第二に、喫煙者が電子タバコに切り替えると、体内で測定された毒素や発がん性物質のレベル('バイオマーカー')は実質的に低く、多くの毒素は、非喫煙者と同レベルになる。電子タバコが市場に出回るようになって15年経ったが、これが原因での死亡履歴はなく、また深刻な健康被害報告もない。

第三に、喫煙者が電子タバコに切り替えた場合、健康面での実質的な改善を実感しており、心臓発作や脳卒中のリスクが減り、血圧が下がり、喘息や肺気腫が改善され、健康状態がよくなったと報告がある。

第四に、発がんのリスクは、喫煙によるリスクの1%未満と推定されている。

「95%」という数字は、このような証拠に基づいており、メディアがあおるデマとは一線を画している。

長期的なリスクはどうなのか?

市場に出回るその他の新製品と同様、電子タバコの長期的なリスクは、20〜30年先に明確になることだろう。時間をかけて判明する害がある可能性や、副作用の有無を監視し続ける必要がある。

しかし、水蒸気やバイオマーカーに含まれる化学物質結果に基づけば、禁煙長期使用者の3人に2人が死亡するリスクよりも電子タバコのほうが、はるかに低リスクと思われる。英国王立医師会は、将来的に未知の問題が発生する可能性を考慮し、電子タバコの長期的なリスクは喫煙のリスクの5%以下になる可能性が高いと試算している。

結局、紙タバコと比較してリスクは何%なのか?

現時点では、電子タバコによる長期的なリスクは、少なくとも喫煙よりも95%は低いと言える。だが近い将来、安全性98%や99%などという結果が報告されてもおかしくないと考えている。

出典:https://www.athra.org.au/blog/2019/12/23/vaping-is-95-safer-than-smoking-fact-or-factoid/

電子タバコデビューセット

 

電子タバコが95%安全である根拠

電子タバコが95%安全である根拠

上記の引用にある通り、主なタバコの被害と言うのは、タバコの葉を燃やすことによって発生するタール、一酸化炭素、その他の毒素に起因しています。しかし、電子タバコの使用では、液体を加熱して水蒸気を発生させるものなおで、紙タバコと比較した際に遙かに被害が低リスクとなっています。

その理由は、タバコに含まれている有害物質と言うのは蒸気に含まれておらず、水蒸気中に存在する有害物質は1%以下の含有レベルで低濃度です。なので、タバコの毒素が紙タバコに比べて電子タバコの方が少ないと言え、健康被害に対してもリスクが少なくなっています。なので、喫煙者が電子タバコに切り替えることで、毒素や発がん性物質レベルが低くなり、非喫煙者と同レベル位にまで体の被害を抑えることができます。

さらに、喫煙者が電子タバコに切り替えた場合、健康面の改善を図ることが実際にでき、心臓発作や脳卒中のリスク軽減、血圧、喘息、肺気腫の改善など、今までよりも健康状態が改善されと言う報告も発表されています。また、タバコの影響で生じる発がんリスクに関しても、電子タバコはそのリスクが1%未満と推定されているなど、95%安全と言う数字は、しっかり研究データによる証拠に基づいており、確かで説得力のある根拠と言えます。

電子タバコの需要やニーズとの関係性

喫煙者にとっても非喫煙者にとっても、電子タバコに対する最大の関心と言うのは、紙タバコのように健康被害があるのか、という点ではないでしょうか。先程お伝えしているように、タバコの葉と言うのはニコチンやタールなどが多く含まれていることはお分かり頂けたかと思います。

まず、ニコチンに関してはとても依存性が強いものなので、一度ニコチン依存症になるとタバコを止めることが非常に難しくなります。加えて、血管収縮作用があるので、心筋梗塞や脳卒中などのリスクを高める原因にも繫がります。また、タールに関しては、がんを引き起こす発がん性物質となっています。粘度のある植物性樹脂なので、吸い込むと肺や喉などにタールが付着して蓄積していくのですが、それが要因となってがんを引き起こします。その他にもタバコには200種類以上もの有害物質が含まれており、健康被害を与えるものとしてタバコは認識されています。

その点、電子タバコの場合、体にとって有害なニコチンやタールが一切含まれていないタイプであったり、また、含有量が極めて少なくなっていたりするので、紙タバコに比べて健康被害の影響が少ないと言えます。

 

リキッド式電子タバコの人気が高い理由とは?

リキッド式電子タバコの人気が高い理由

健康被害の影響が少ない

加熱式タバコよりもさらに健康リスクが少ないことがメリットとして、リキッド式電子タバコは喫煙者に人気があります。リキッドを加熱した際に出る水蒸気を吸ってタバコを楽しむのが特徴になりますが、これはタバコの煙を吸う疑似体験をさせる目的で開発されたアイテムです。

高温でタバコの葉を燃や工程が無いのはもちろん、タールが発生しない、国内購入可能なリキッド式電子タバコはニコチンが含まれていないなど、健康負担が少ないタバコであることが特徴です。なので、タールの健康リスクはもちろん、ニコチンによる依存性のリスクも少なくて済みます。

副流煙が発生しないことから受動喫煙の心配も無いので、小さな子どもが居る家庭でも気兼ねなく楽しめる点は大きなメリットと言えます。

禁煙や減煙の効果を期待することができる

リキッド式電子タバコは、電子タバコの中でも禁煙効果や減煙効果を期待することができるとして、昨今大きく注目されています。リキッド式になるので、加熱式に比べて水蒸気が多く発生するのですが、より多く煙を吸っている感覚になるので、タバコを吸っているかのような感覚を味わうこともできます。

また、喫煙を十分に疑似体験でき、紙タバコと味が似ているフレーバーもあるので、自分に合った好みのフレーバーでタバコを楽しめることも嬉しいポイントになっています。

様々なフレーバーを楽しめる

リキッド式電子タバコは、リキッド自体に色々と香りのフレーバーが付いており、それを加熱することによってフレーバーの味を楽しみながらタバコを吸うことができます。フレーバーの種類は豊富にあるので、その日の気分で自分好みのフレーバーを楽しめるのは、リキッド式電子タバコならではの大きな魅力の一つと言えます。

また、リキッド式電子タバコは、タバコ特有の嫌な臭いがあまり感じません。リキッド式電子タバコにはタールは一切含まれていないので、タバコの臭いに敏感でヤニ臭さく敬遠されてしまう事も無く、また、歯が黄ばんだり、服や部屋にタバコの臭いが染み付いたり、そのような心配が無いと言うメリットが得られます。

 

非喫煙者にも電子タバコが注目されているワケとは?

非喫煙者にも電子タバコが注目されているワケ

従来のタバコとは一味違う楽しみ方がある

電子タバコには、非喫煙者の方でもニコチン無しタイプがあるので、電子タバコを楽しむことができます。基本的に電子タバコは、フレーバー付きの水蒸気を楽しむアイテムなので、果物系の甘い香りのリキッドが多く揃っています。非喫煙者には、特に、フルーツ系やスイーツ系のフレーバーが人気を集めており、フルーツ系フレーバーでは果物フレーバーも揃っています。

また、甘さ控えめ~しっかり甘いものまで、リキッドの種類も豊富に沢山あるので、ミントとブレンドしたりしてスッキリした味わいを楽しんだりすることもできます。 一方、スイーツ系フレーバーになると、ハップルパイ、メープルシロップ、バタースコッチなどのラインナップがあり、一風変わったフレーバーの味わいを電子タバコで楽しむことができます。少しビターな味を求め場合、コーヒーやカフェラテなど、ドリンク系フレーバーをチョイスするのもお勧めです。このように、様々なフレーバーを楽しむだけなので、健康リスクが低くなっています。

健康的にタバコを楽しめる

最近は健康な体を守る為に「禁煙をしていこう!」と言う時代の風潮から、電子タバコを使用する喫煙者が増えていることは先程もお伝えしているように、お分かり頂けているかと思います。

まず、電子タバコには、タバコ独特の臭いの元となっているニコチンやタールは一切含まれていません。なので、タバコを吸った時の口臭や衣類の臭いなども気にする必要が無く、また、リキッド式電子タバコに使用されているリキッドと言うのは、食品使用されている安全性の高い原料を使用しており、健康面でも優れているアイテムとなっています。

なので、喫煙者の禁煙目的や、非喫煙者も楽しめるアイテムとして登場してきています。他にも、口寂しい時におやつ代わりに電子タバコを始める方もおり、従来のタバコの楽しみ方とはまた一味違う楽しみ方が電子タバコにはあります。

電子タバコデビューセット

 

電子タバコと言われているデバイスは?リキッドは?

電子タバコと言われているデバイスとリキッド

ニコチン無しの電子タバコ

電子タバコと言うのは、タバコの葉を燃焼させた煙を吸い込むものではありません。電子タバコは、香料を含んだリキッドの液体を吸い込むもので、加熱させて出た水蒸気を吸ってたしなみます。なので、ニコチン無しのリキッドは、ニコチンはもちろん、タバコに含まれているタールなども一切含まれていません。これから禁煙を目指す方、また、普段からタバコを吸う習慣が無い方でも、電子タバコではフレーバーを楽しめるとして多くの方から愛されているアイテムになっています。

また、タバコのように煙を吐き出すのでは無く水蒸気を吐き出すので、紙巻きタバコ特有のタバコ臭い嫌な匂いも付かないことも注目のポイントです。日本では法律規制によってニコチン入りのリキッドは販売されていませんが、海外で販売されているものはニコチン入りが主流です。ニコチン入りのリキッドは1ヶ月の個人の使用目安量である120mlを超えない範囲内であれば、当サイトのような海外直送の当サイトのような個人輸入代行に委託することで問題なく輸入することができます。

電子タバコと加熱式タバコとの違い

今までタバコを吸った経験が無い方は、電子タバコに興味や関心を持ったとしても、「健康に影響が出ないか…。」と不安で手が出せない方も少なからずいるのではないでしょうか?一般的に電子タバコと一言で言っても、電子タバコにはニコチン無しの電子タバコと加熱式タバコ、これらの違いをよく混同されがちですよね。加熱式タバコの場合はタバコの葉を燃焼せずに高温加熱して出た水蒸気を吸い込むものになります。

なので、タバコの有害物質を大幅にカットしたタバコになります。また、紙タバコのように煙や灰なども一切発生せず、紙タバコ特有の嫌な臭いが無く、周囲の方へ与える副流煙の心配も最小限になっています。なので、禁煙傾向にある現代に適したエチケットのあるタバコとして使用される機会が大きく増えています。

 

代表的な電子タバコの種類とは?

電子タバコと言われているデバイスとリキッド

カートリッジ式電子タバコ

カートリッジ式電子タバコは、予めリキッドが注入されているタイプで、カートリッジ交換をして継続しようが可能な電子タバコです。このタイプはリキッド補充やメンテナンスが不要なので、直ぐ吸い始めることが可能です。本体は充電式なので、本体自体が故障して壊れない限りは、半永久的に電子タバコとして使用することができます。中には、USBタイプもあるので充電する際も実用的に優れています。

リキッド式電子タバコ

リキッド式電子タバコは、リキッドが無くなったら新しいリキッドを補充することで、繰り返し使用することができます。このタイプはリキッドを新しく補充すれば何度も繰り返し使用できるので、コストパフォーマンスが良いことがメリットに挙げられます。一本のリキッドごとに味を変えて楽しむことができるので、リキッドの種類が豊富な点もの大きなメリットです。

使い捨て電子タバコ

使い捨て電子タバコは、リキッドと本体が一体型のタイプで、リキッドが無くなった際に本体交換して使用します。購入後直ぐに楽しむことができ、充電やメンテナンスが不要です。ビタミンなどが含まれていたり、カラフルでオシャレな物もあったり、一味違った電子タバコの楽しみ方ができます。

 

まとめ

ここでは、電子タバコについて色々とお伝えしてきましたが、いかがでしたか?電子タバコは従来のタバコに比べて健康被害が少ないことから、電子タバコに移行する喫煙者はもちろん、非喫煙者も電子タバコを楽しむ方が年々増加しています。

このように、現代における電子タバコのニーズと言うのは非常に高くなっており、従来のタバコから電子タバコへのシフトチェンジが進んでいます。電子タバコには豊富な種類が揃っているので、日常的に色々と楽しめるのも良いですよね。

また、禁煙や減煙に繫がることをはじめ、健康にも負担が少ない電子タバコのメリットは大きいです。是非、皆さんも、健康被害が少ない電子タバコに切り替えて、新たなタバコ生活を始めてみませんか?

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

電子タバコデビューセット