新規会員登録1000ポイント+メルマガ登録でお得なクーポン

電子タバコやリキッドを検索

メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

コラム

フレーバータイプ別一覧

初めての方におすすめ

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

取り扱いメーカー一覧

Apollo

NicQuid

Vaporfi

Ruthless

Wisconsin Dairy

Virgin Vapor

Black Note

LIQUA

電子タバコがアイコスやプルーム・テックより優れている点について

電子タバコ関連について

日本で販売されている商品はニコチンやタールが含まれておらず、最近はよく愛好者を見かけるようになった電子タバコ。タバコとはいうもののニコチンが含まれていない?アイコスやプルーム・テックとの違いは?など、実は意外にこの違いが知られていないのですが、この記事では、電子タバコと、アイコスに代表される加熱式タバコについてご説明するとともに、「電子タバコがなぜ人気になっているのか?」や「電子タバコが加熱式タバコよりも優れている点」などについて解説していきます。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

 

電子タバコ(VAPE)が人気の理由

電子タバコ(VAPE)が人気の理由

電子タバコは、テイストやフレーバーがつけられたリキッドを、バッテリーの電力により加熱し、気化させた蒸気を吸って楽しむ嗜好品のことです。海外では主にVAPE(ベイプ)と呼ばれ、日本でもこの名前でよく呼ばれています。 日本では「電子タバコ」という名前以外にも「次世代タバコ」など、数々の紛らわしい名称で呼ばれることがありますが、本来の定義は上記のようなものです。 VAPEが人気になっている理由を考えると、以下のようなものが挙げられます。

豊富な製品から選べる

VAPEは、製品のバリエーションがとても豊富です。加熱式タバコは、主に「プルーム・テック」「グロー」、そして「アイコス」の中から選ぶことになりますが、VAPEの場合は多くのメーカーが、さまざまな製品を販売しているので、選択肢がとても豊富なのです。それぞれがこだわりをもって製品を選べることは、電子タバコ(VAPE)を購入する人が増えた理由のひとつだといえるでしょう。

安い

電子タバコ(VAPE)は、リーズナブルなお値段の製品が多いので、初めての人がスタートラインに立ちやすいという特徴があります。紙巻きタバコや加熱式タバコと比較してもとても経済的で、吸引回数の点でいうと、同じ金額を費やした場合、3~4倍程度、VAPEのほうが多く吸引することが可能です。すなわち電子タバコは、燃費が非常によいのです。

加熱式に負けない吸いごたえ

VAPEには、すでにご紹介したように日本で販売されている商品はニコチンやタールは含まれていないので、厳密に言うとタバコではありません。そのため、その吸いごたえや満足度といった点で、電子タバコに疑問を感じている方も少なくないようです。ただ、これはまったくの誤解です。

VAPEは、さまざまなフレーバーが楽しめることはご紹介したとおりですが、実はその中には、紙巻きタバコのような味わいをもつフレーバーや蒸気を楽しめるものもあります。VAPEは、リキッドを使うので、リキッドを混ぜ合わせて新しいフレーバーを作ることも可能です。また、多くの蒸気を発生させるタイプのものもあり、こういったタイプを使えば、喫煙者であっても、その吸いごたえを存分に楽しめます。

安全性が高い電子タバコ

電子タバコ(VAPE)にはニコチンやタールが含まれていません。タバコの葉は使われていないので、一般的に語られるタバコの害については、電子タバコは無関係です。ただ、電子タバコの健康への影響については、すべてが明らかになっているわけではありません。

ちなみに電子タバコを吸引する際にセットするリキッドは、香料や食品添加物、化粧品の原料などからできています。これらはすべて、人体に安全なものです。

アイコスやプルーム・テックなどの加熱式タバコにはニコチンやタールが含まれているため、喫煙者の呼気からはこれらの物質が排出されます。そのため、受動喫煙の危険性がありますが、電子タバコの場合は、たとえ成分が呼気に含まれていたとしても有毒な成分ではないため、受動喫煙のリスクも低いといえるでしょう。

このようなことから、禁煙や減煙を考える人の多くが、選択肢として電子タバコ(VAPE)の利用を考えているようです。日本では、喫煙者の方の肩身は、どんどん狭くなっていく一方ですが、これも喫煙者の電子タバコへの移行を加速させている原因なのかもしれません。

電子タバコデビューセット

アイコスなどの加熱式タバコとはどんなもの?

アイコスなどの加熱式タバコとはどんなもの

紙巻きタバコを吸う喫煙者の数は減少の一途をたどっていますが、アイコスやプルーム・テックなどの加熱式タバコを吸う方は増えているようです。

これらは、電子タバコ(VAPE)とは異なり、タバコの葉が実際に使われているため、カートリッジには当然、ニコチンが含まれています。火を使うわけではなく、加熱するだけなので、ここは同様ですが、実際は別物といってよいでしょう。似たようなところはあっても、かなりの違いがあります。

電子タバコと加熱式タバコ

電子タバコと加熱式タバコ

これらの違いをわかりにくくしている原因として、似たような呼称がたくさん存在していることが挙げられます。これは業界の責任といえるかもしれません。現在もインターネット上では、これら2種類のほかに、「次世代タバコ」「新型タバコ」などの表記が見受けられます。アイコスやプルーム・テックの説明として「電子タバコ」の言葉が使われていることもあり、ますます理解を難しくしています。

もっとも危険なのは、このような表記の中で、健康への危険性に関する情報が間違って理解されることです。紙巻きタバコの危険性については、多くの方が承知しているとおりですが、今後、電子タバコや加熱式タバコへの移行を考える方たちが間違って理解してしまうような状況は避けなければなりません。現状は、自分で知識武装するしかないので、

電子タバコ(VAPE)=タバコの成分は含まない

加熱式タバコ=タバコの成分を含む

という理解は徹底しましょう。

日本で電子タバコという場合はVAPEのことで、タバコの成分は含みません。ただし、海外ではニコチン入りのリキッドもあるので、当サイトのような個人輸入で手に入れることは可能です。

日本で加熱式タバコという場合は、アイコスやグロー、プルーム・テックのことです。これらは正真正銘のタバコです。タバコの葉を加熱することで水蒸気を発生させて、この水蒸気を吸って楽しみます。これまでの紙巻きタバコでは、火を点けてタバコの葉を燃やしていたためタールが発生し、健康被害の原因になっていましたが、加熱式ではほとんどタールは出ません。ニコチンを楽しむことが喫煙の目的ではありますが、ニコチンが欠乏すると禁断症状が出ることがあることは、皆様がご存じのとおりです。

アイコスやプルーム・テックなどの加熱式タバコはタバコなので、タバコ独特の吸いごたえがあります。しかし、タールがほぼ発生することはないといっても、やはり脳卒中やガンなどのリスクが完全になくなるわけではありません。紙巻きタバコの健康リスクを軽減するために開発された…これが加熱式です

一方の電子タバコは、VAPEと呼ばれ世界中で親しまれています。親しまれている理由はタバコの成分は含まれていませんが海外ではニコチン入りリキッドがメジャーであり、たくさんのフレーバーの中から好みのものを選んで吸うことが可能です。中にはタバコのようなフレーバーを楽しめるものもあり、禁煙を目指す方にとっては、うれしい選択肢となっています。ただ、電子タバコ(VAPE)からも煙(実際は水蒸気)が発生するので、いつでもどこでも吸っていいのかというと、そういうわけではありません。エチケットはしっかりと守って吸う必要があります。

電子タバコ(VAPE)もアイコスやプルーム・テックと同様、嫌煙の空気の中から進歩してきたものと考えてよいでしょう。本物のタバコと大きく異なるのは、味や香りを楽しむことが目的であり、アロマなどのリラクゼーションに近い性格をもつことも電子タバコ(VAPE)の特徴。リキッドのほかにカートリッジタイプなどもあり、安く、手軽に始めることができるのも電子タバコ(VAPE)の魅力です。アイコスやプルーム・テックの本体は、とてもおしゃれなデザインですが、電子タバコ(VAPE)はさらにデザイン度が高く、カラフルさがあります。現在では「爆煙」などのパワフルな吸いごたえを売りにする製品も多数販売され、その選択肢は年々、広がりを見せています。持つことの喜びを感じさせてくれるところも、電子タバコ(VAPE)の魅力だといえるかもしれません。

元々は、欧米で開発された電子タバコ(VAPE)。日本では規制によりニコチンなどが含まれたリキッドは販売されていませんが、海外ではこのようなリキッドも購入可能です。日本からも個人輸入でこのような製品を購入する方は増えています。

電子タバコと加熱式タバコ・似ている点、異なる点

電子タバコと加熱式タバコ・似ている点、異なる点

電子タバコ(VAPE)とアイコスやプルーム・テックの明確な違いは、タバコの葉を「使っていないか」「使っているか」であることをご説明してきましたが、一方でこの両者には似ている点もあります。ここからは、電子タバコ(VAPE)がアイコスやプルーム・テックよりも優れている点をわかりやすくするために、電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの似ている点と異なる点を、少し詳しくご紹介していきます。

似ている点

まずは電子と加熱式、両者の似ている点についてご紹介します。

タールが含まれない

電子タバコ(VAPE)とアイコスやプルーム・テックなどの加熱式タバコは、タールが含まれていないという点で共通しています。厳密に言うと、加熱式にもタールが若干含まれているという研究はあるのですが、加熱式は文字どおり「加熱」するだけで紙巻きタバコのように「燃やす」わけではないので、「タールは出ない」というのがメーカー側の考え方です。

タールには、発がん性のある物質が数多く含まれているため、紙巻きタバコの健康への影響が指摘されているわけですが、少なくとも電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコにおいては、発がん性物質は含まれていません。ただ、「タールが含まれていないこと」が、一概に「害がない」と言えるわけではないことに留意する必要はあるでしょう。

水蒸気が出る

紙巻きタバコでは、タバコの葉を燃やすために煙が発生します。電子タバコ(VAPE)の場合は主にリキッドを、加熱式ではタバコの葉を加熱して水蒸気を発生させます。ただ、紙巻きタバコのように常に煙が発生するわけではなく、吸い込むときに水蒸気が発生します。そのため、加熱式においては受動喫煙の可能性は下がりますが、当然、タバコの成分を含む水蒸気が呼気には含まれるため、受動喫煙の可能性はゼロではありません。

どこでも吸えるわけではない

電子タバコ(VAPE)も加熱式も、どこでも自由に吸えるわけではないという点で共通しています。これらは紙巻きタバコと比較すると、それほど健康に悪影響を及ぼすことはないと考えられがちですが、タバコを吸わない方の立場で考えると、煙(水蒸気)を吸い込むこと自体、とても気になるわけですから、喫煙者がああだこうだいえることではないのです。

結局、電子タバコ(VAPE)も加熱式も、基本的には国や自治体が定めるルールに則ってたしなむ必要があります。現在、どこでも喫煙できるわけではないことは、VAPEを楽しんでいる方も、加熱式や紙巻きタバコをたしなんでいる方も、よくおわかりのことだと思います。吸える場所が限定されることは、どのタイプの「タバコ」にも共通します。吸えるのは、定められた場所だけなので注意が必要です。

未成年は吸えない

これははっきりと共通していることではありません。加熱式は、タバコそのものなので当然、未成年者は吸うことができません。しかし、電子タバコ(VAPE)は、法律により未成年者の喫煙が禁止されているわけではありません。ではなぜ、どちらも未成年者は「吸えない」のでしょうか?これは、「社会通念」や「暗黙の了解」に近いことです。未成年者が電子タバコ(VAPE)を使用することを容認すると、タバコだけではなく、違法な薬物への入口になるという考え方もあります。実際、電子タバコ(VAPE)を販売している業者の多くが、未成年には販売していません。 異なる点 ここからは、電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコで異なる点についてご紹介します。

ニコチンの有無

すでにご紹介しているとおり、日本で販売されている電子タバコ(VAPE)はタバコではないので、ニコチンが含まれていません。ニコチンは、それそのものに害があるわけではありません。ニコチンを摂取することにより、人は心地よさを感じられるのですが、問題はこの依存性なのです。多くの人々が禁煙できないのは、このニコチンへの依存が原因だと考えられています。そのため、喫煙者の中には「VAPEで満足できるわけがない」と考える人もいるのです。

この辺りは人により感じ方に違いがあるようですが、これは多分にニコチンの有無が影響しているのではないかと考えられます。 ちなみに、すでにご紹介したとおり、ニコチン入りのリキッドを使えば、電子タバコ(VAPE)でもニコチンを摂取することは可能です。ニコチン入りのリキッドは、欧米では幅広く流通しており、かんたんに手に入ります。日本では法律により販売は禁止されていますが、当サイトのような個人輸入代行で限られた量(月間120ml)を輸入して使用する分には、まったく問題ありません

電子タバコデビューセット

現在、禁煙への道筋として、電子タバコ(VAPE)の利用を考えている方も多いようです。ニコチンの依存性を克服するのは大変なことですが、紙巻きタバコと併用する形で時間をかけて移行することは不可能ではないでしょう。最近は爆煙型のモデルも数多く登場しているので、「吸いごたえ」に関しても満足のいくものを探せます。

健康へのリスク

電子タバコ(VAPE)が健康に対して「リスクが全くない」と証明されているわけではありません。しかし、加熱式タバコが本物のタバコである以上、リスクが少ないといえるはずです。加熱式タバコにはニコチンが含まれているので、タールが含まれていないとしても、ニコチンへの依存が避けられるわけではありません。 電子タバコ(VAPE)のリキッドに使われているのは食品添加物として使われている成分です。食品に使われるぐらいですから、人体に入っても危険なことはありません。

税金

電子タバコ(VAPE)には税金がかかりません。本物のタバコではないので当然です。一方の加熱式タバコは本物のタバコなので、当然ながら税金が発生します。アイコスやプルーム・テックといった加熱式タバコには、今後も税金がかかるので、紙巻きタバコのように値上がりしていく可能性は十分にあるでしょう。

税金がかからない電子タバコ(VAPE)は、紙巻きや加熱式のタバコよりもリーズナブルに楽しめます。加熱式タバコを1日1箱吸うとして、電子・加熱式のコストを比べた場合、年間で10万円の差がつくといわれています。紙巻きも加熱式もなかなかのお値段ですが、節約を考えるとなおさら、電子タバコ(VAPE)に分があるといえるでしょう。愛煙家の皆様にとっては、とても難しい問題です。

電子タバコが加熱式タバコよりも優れる点は?

電子タバコが加熱式タバコよりも優れる点は

ここまでにご説明してきた内容で、電子タバコ(VAPE)と加熱式の特徴については大まかに把握できたのではないかと思います。これらの違いは、本物のタバコかそうでないかということであり、どちらが優れているというものでは本来ありません。しかし、どんどん値上がりし、喫煙者としてどんどん肩身が狭くなっていく状況を考えると、電子タバコ(VAPE)のメリットや、本物のタバコよりも優れている点を重視して移行を考えることは、十分に理にかなっています。

健康を優先するなら電子タバコ

加熱式は本物のタバコなので、ニコチンへの依存は避けられません。電子タバコ(VAPE)はタバコではないので、本物のタバコと比較すると、健康へのリスクは少ないと考えていいでしょう。すでにご紹介しているとおり、リキッドに使われている成分は、食品にも使われているものであり、加熱式よりも健康への影響は少ないと考えられます。

お金を優先するなら電子タバコ

タバコにかかる税率は年々高くなっているため、タバコは今や、本当に贅沢品の域に入ってきています。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコを、1年間同じペースで吸い続けると、10万円程度の差がついてしまうことは、すでにご紹介したとおりですが、さらに1年、もう1年と吸い続けると、その差は広がる一方です。また、タバコの税率は今後も上がる可能性が高いことを考えると、経済面を優先して乗り換えるという選択肢は十分に考えられると思います。

フレーバーの豊富さを優先するなら電子タバコ

電子タバコ(VAPE)は、加熱式と比較するとフレーバーが豊富です。リキッドをミックスすることも可能なので、楽しみ方に幅があります。加熱式は、各社それぞれ、いくつかのバリエーションをラインアップしていますが、電子タバコのバリエーションとは比較になりません。

爆煙で選ぶなら電子タバコ

電子タバコ(VAPE)は本物のタバコではないため、その吸いごたえが課題だという喫煙者の方は多くいらっしゃいます。本物のタバコではない以上、タバコと同等の吸いごたえを求めることには無理がありますが、水蒸気の迫力という点では電子タバコ(VAPE)のほうが圧倒的に優れています。加熱式タバコが発生させる水蒸気は少量です。これには受動喫煙防止の意味もあります。 しかし、電子タバコ(VAPE)の場合は、タバコの成分が含まれているわけではないので、爆煙を楽しめるモデルも存在します。もちろん、マナーは守って吸いましょう。

禁煙を目指すなら電子タバコ

年々値上がりの続く紙巻きタバコ。健康リスクも考えて禁煙を目指すなら、同じタバコである加熱式タバコに移行するよりも、紙巻きタバコと電子タバコ(VAPE)の両方を吸いながら、徐々に紙巻きタバコの本数を減らしていくといいでしょう。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

電子タバコデビューセット