ruthless

facebook

instagram

review

review

商品カテゴリー

ログイン

会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイントプレゼント致します。

会員登録をする

カートの中身

電子タバコやリキッドを検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

amazonへ出店中!
ご利用可能なクレジットカード・コンビニ・銀行一覧
ecigリンク

電子タバコと加熱式タバコの違い 電子タバコをおすすめする理由

電子タバコ関連について

最近日本国内で話題沸騰中のタバコといえば、「電子タバコ」や「加熱式タバコ」といわれるタイプのタバコです。これまで従来の紙巻きタバコを吸っていた人がこういった種類のタバコに切り替えることも珍しくなく、これは世界的に健康志向の高まっていること、そして喫煙の恐ろしさの認知度が上がっていること、さらには禁煙活動が精力的に行われていることの証ともいえるでしょう。

 

喫煙者のなかには、普段から電子タバコや加熱式タバコについての話題がよく挙がるようになったという人もいれば、周囲に紙巻きタバコから電子タバコに切り替えたといった人も多いのではないでしょうか。一方で、非喫煙者や喫煙者と同じ家に暮らすご家族の方は、紙巻きタバコ同様、電子タバコや加熱式タバコについてほとんど知らないといったことも多いようです。

 

喫煙者のご家族や恋人、またはご友人に禁煙をすすめるためにも、非喫煙者自身がこういったタバコの現状について知ることは、非常に大切です。

 

そこで今回は、今まさに紙巻きタバコを吸っているという喫煙者の方にはもちろんのこと、非喫煙者の方にもぜひ一読頂きたい「電子タバコと加熱式タバコの違い」、そして、「どうして電子タバコをおすすめするのか」といった内容をいくつかをご紹介致します。

 

 

海外ではポピュラー?!「電子タバコ」ってどんなタバコ??♦

 

 

ここ最近、どういった製品かはよく分からないけど、「電子タバコ」という言葉は聞いたことがあるという方も増えたのではないでしょうか。電子タバコと聞いてイメージするのは、電気を使って吸うタイプのタバコ、それに新しい形状のタバコ・・・など、かなり漠然としたことばかりです。

 

電子タバコと加熱式タバコの違いを知るためには、やはり電子タバコについてよく知ることが大切です。電子タバコについての基本を押さえることでその良さや効果が分かります。又加熱式タバコや紙巻きタバコに比べて電子タバコが優れている点が一目瞭然になるでしょう。

 

≪電子タバコの基礎知識!≫

まずは、電子タバコの基礎知識からいくつかご紹介します。電子タバコとは、英語でエレクトリック・シガレット(Electronic cigarette)と呼ばれるタバコのことを指します。その特徴をかなり大雑把にいうと、名称そのままに「電気を使って吸うタイプのタバコ」といったことをイメージして頂くといいかもしれません。

 

電子タバコの構造を詳しく説明すると、電子タバコ本体には変霧器という「アトマイザー」と「バッテリー」、そして」カートリッジ」というパーツがあります。製品によっては、アトマイザーとバッテリーが合体して一つになっているのもあります。

 

電子タバコは従来の紙巻きタバコとは違い、火を使わないことが大きな特徴です。そのため、このバッテリーの電力をアトマイザーに流し、カートリッジに入ったリキッドを通電して加熱させ蒸気化させます。この蒸気化させた水蒸気を吸うことで、タバコに似た味わいや使い方を楽しむことができるのです。

 

≪電子タバコはフレーバー付きのリキッドを使う!≫

電子タバコの大きな特徴の一つに、紙巻きタバコや加熱式タバコのようなタバコの葉を使わずに「リキッド」を蒸発させて吸うタイプのタバコだということが挙げられます。水蒸気をモクモクと出してタバコを吸う感覚を味わえる電子タバコは、このリキッドを蒸気化させることが大きなポイントになるのです。

 

日本国内で販売されている電子タバコ用のリキッドには、紙巻きタバコの喫煙が懸念される要因でもあるタールなどの有害物資が含まれていません。そのため、大幅に身体への悪影響を抑えることができるとされているのです。尚、電子タバコで使用するリキッドには、さまざまなフレーバーがついています。ミント系の香りやフルーツ系の香りなど多様な香りがあり、従来の紙巻きタバコからの禁煙を目指す人が電子タバコに移行する手助けとなっているのです。

 

≪日本国内販売はニコチンなしリキッド、ニコチン入りリキッドは個人輸入が基本!≫

日本国内で販売されている電子タバコ用のリキッドは、「ニコチンなし」です。ニコチン入りのリキッドの国内販売は薬事法で禁止されています。一方欧米では、ニコチン入りのリキッドを使用した電子タバコが定番とされているので、こういった海外製品のリキッドを使って徐々に禁煙をしたいという方は個人輸入をして購入するのが一般的です。

 

個人輸入を代行している怪しいサイトや怪しい業者も多いので、安心安全で、信頼のおける当サイトのような業社に個人輸入の代行をしてもらうのがおすすめです。

 

≪欧米を中心に人気の高い「VAPE(ベイプ)」≫

欧米を中心に海外では電子タバコが人々の生活に浸透していて、とてもポピュラーなアイテムとして日用的に使われています。電子タバコを英語では「VAPE(ベイプ)」とも呼びます。海外ではVAPEを嗜好する人が楽しめるVAPEバーやVAPEカフェなるスペースも多く、VAPE本体やリキッドなどの種類を多数揃えたVAPEショップもたくさん存在します。

 

VAPEカルチャーの発祥といえばアメリカ西海岸です。

 

日本での電子タバコが禁煙を目的とされていることが多いなか、アメリカではVAPEはファッションの一部、そしてカルチャーとして嗜好する人が多いのです。新たな流行を発信し続けているアメリカ西海岸のサーファーやスケートボーダーのあいだでは、VAPEはすでに特別なものや珍しいものではなく生活の一部として浸透しているのです。

 

 

♦誤解されることも多い「加熱式タバコ」ってどんなタバコ??♦

 

 

ここ最近で大きな話題を集めている新感覚のタバコといえば、「加熱式タバコ」です。アイコス(iQOS)やプルームテック(PloomTECH)、グロー(glo)という商品名を聞くと何となくイメージが湧くのではないでしょうか。

 

しかしまだまだ加熱式タバコについての正確な情報が国内において行き届いていないということです。以下では、不正確な情報が氾濫している理由を加熱式タバコの特徴と一緒にご紹介します。

 

≪加熱式タバコの基礎知識!≫

加熱式タバコとは、簡単にいうと「タバコの葉を使うタバコ」のことを指します。タバコの葉を使うという点では従来の紙巻きタバコと同じでは・・・と疑問になりますが、その構造や特徴は大きく異なります。

 

まず、加熱式タバコはヒートスティックやたまごカプセルという名称がついた部分にタバコの葉が入れられています。このタバコの葉の部分に「電気を使い加熱して発生させた煙を吸う」のが加熱式タバコです。

 

加熱式タバコの大きな特徴の一つに、加熱して発生させた煙が少なく抑えられることが挙げられます。従来の紙巻きタバコの様などす黒い煙が発生しないので、周囲の人や家族に受動喫煙による健康被害を与えないための努力ができます。

 

≪タールは抑えられるけどニコチンは含まれている!≫

火を使わないという点では従来の紙巻きタバコとは違いますが、タバコの葉を使うことでニコチンが含まれているという点では紙巻きタバコと同じです。加熱式タバコを販売しているメーカーのなかには、タールのような有害物質を9割削減させた発表していることがありますが、その一方で「ニコチン」の含有量に関してはあまり触れられていないことが多いです。

 

有害物質が削減できた加熱式タバコを吸ったからといって確実に禁煙ができるかというとそうではないです。タールなどの有害物質の発生を抑えられるということばかりが着目されて、そのほかの懸念材料についてはあまり触れられていません。その結果、加熱式タバコであれば大丈夫といった不明確なことだけを信じてしまう利用者が増加しているのです。

 

これこそが、加熱式タバコの不正確な情報を生みだす原因といえます。

 

 

♦結構たくさんある!?電子タバコと加熱式タバコの違いについて♦

 

 

ここまでは、電子タバコと加熱式タバコの基礎となる特徴についていくつかご紹介しました。そこで次に「電子タバコと加熱式タバコ」の違いについてご紹介致します。

 

≪加熱する素材に違いがある≫

電子タバコと加熱式タバコの特徴を照らし合わせると、両者にはたくさんの違いがあります。両者の違いとして第一に、「加熱する素材に違いがある」ということです。

 

電子タバコは「液状のリキッド」を使います。一方加熱式タバコは「タバコの葉」を使います。液状のリキッドを使う電子タバコは、電気の力でリキッドを蒸発させることで水蒸気が発生し、その水蒸気を思い切り吸い込むタイプのタバコです。タバコの葉を使う加熱式タバコは、電気の力でタバコの葉を加熱して少量の煙を発生させます。

 

≪ニコチンやタールなどの有害物質の量の違い≫

次に、素材の違いに関連することとして「タールなどの有害物質の量の違い」についてご紹介致します。日本国内での販売が許可されている電子タバコ用のリキッドには、タールやニコチンが含まれていません。そのため、煙を吸うこと以外でいえば、従来の紙巻きタバコと全く違います。

 

禁煙や減煙を目指す方にとっては、いきなり紙巻きタバコから電子タバコに切り替えるよりも、紙巻きタバコと電子タバコを併用しながら徐々に切り替えていったほうが一般的に効果的と言われております。

 

加熱式タバコについては、タバコの葉を用いています。タバコの葉を火で燃やすことで発生するタールの量は格段に抑えられますが、タバコの葉に含まれるニコチンは残ってしまうのが加熱式タバコです。

 

≪吸ったときに香るフレーバーの種類の違い≫

電子タバコは液状のリキッド、そして加熱式タバコはタバコの葉を用いています。この素材の成分や効果の違いなどにも大きいですが、次は「フレーバーの種類の違い」について見ていきます。

 

電子タバコが選ばれる理由の一つに、リキッドの種類が多種多様であることが挙げられます。日本国内で販売されているニコチンなしのリキッドは香りもさまざまな、植物性由来の製品が多数販売されています。海外から個人輸入すれば、さらにたくさんのリキッドの種類があることから飽きることなく使い続けられることがメリットです。

 

その一方で加熱式タバコは、もともとタバコの葉を用いることは従来のタバコと変わらないので、電子タバコのリキッドの数にくらべてフレーバーの種類が極端に少ないのです。いま現在、加熱式タバコを製造販売しているメーカーが少ないことも、フレーバーの少なさに影響していると思われます。

 

≪発生する水蒸気や煙の量の違い≫

電子タバコと加熱式タバコをそれぞれ使ったときの見た目の違いといえば、「水蒸気や煙の量」です。電子タバコは専用のリキッドを蒸発させて発生する水蒸気を吸いこむタバコです。そのため、電子タバコの最大の特徴でもある「爆発的な水蒸気」がでることに魅力を感じている人が多いようです。

 

紙巻きタバコのようにタールや有害物質が非常に少ないことから、紙巻きタバコとはまったくの別物と捉えている人も多いようです。煙(水蒸気)を吸い込むという点や大量の水蒸気(煙)がでる点では見た目の面でも迫力満点ですし、口の寂しさを満たしてくれることも電子タバコの魅力です。

 

水蒸気が大量に発生する電子タバコとは対照的に、「少量の煙」しかでないということが加熱式タバコの特徴です。煙が少ないことから周囲の人たちに迷惑がかからない、吸っていることへの罪悪感が軽減する、有害物質であるタールを大幅に削減できるといった魅力もあります。

 

電子タバコのリキッドとは違い、タバコの葉を使用する加熱式タバコに含まれるニコチン量については詳しい数量が明示されていない商品が多いです。そのため、周囲の人に迷惑をかけることが少なくなっても、喫煙者自身への健康には加熱式タバコを吸うことへの懸念材料となります。

 

 

♦加熱式タバコより「電子タバコ」をおすすめする理由!!♦

 

 

上記では電子タバコと加熱式タバコの特徴、そしてそれぞれの違いについてご紹介しましたが、最後に「加熱式タバコより電子タバコをおすすめする理由」についてご紹介致します!!

 

≪理由1.タールや有害物質が極端に少ない!≫

電子タバコの特徴で、タールが含まれていないことは先にもご紹介しました。その特徴に大きな魅力を感じて従来の紙巻きタバコから電子タバコに切り替える人も多くいます。

 

加熱式タバコであれば、煙の量、そしてタールといった有害物質を大幅に削減できるとされていますが、一方でその他の有害物質についてはまだまだ不安があるのです。

 

タールや有害物質が極端に少ない電子タバコは、「タバコのようでタバコではないタバコ」といった捉え方をされることもあり、タバコという概念を通り越して禁煙社会を実現させるための救世主ともいえる画期的な嗜好商品と認知されています。

 

≪理由2.女性にも多い電子タバコの愛用者!≫

爆発的な水蒸気を発生させる電子タバコは、アメリカでVAPEカルチャーが発達し、セレブや俳優などがこぞって嗜好していることから瞬く間に世界中で注目を集めるようになりました。アメリカではVAPEを禁煙目的だけでなく、水蒸気を楽しみファッションに彩りを加えるアイテムとして重宝されています。

 

そういったアメリカのVAPEカルチャーに刺激されて、最近では女性や非喫煙者の方々が電子タバコを楽しむことも多くなり、さまざまなフレーバーのリキッドをいろいろと試しているようです。紙巻きタバコは吸いたくないけど、香りやユニークさを楽しみたいといった方にも電子タバコはおすすめです。

 

≪理由3.受動喫煙による健康被害を防げる+禁煙・減煙への近道!≫

従来の紙巻きタバコから電子タバコに切り替えるメリットは、「受動喫煙による健康被害を防げる」ということです。

 

非喫煙者自身はタバコを吸わないのに、喫煙者が吸って吐くタバコの煙を吸い込むことにより受動喫煙という状態に陥ることがあります。喫煙による健康被害は必ずしも喫煙者だけに起こることではなく、受動喫煙をしてしまっている非喫煙者にも悪影響を及ぼします。

 

日本国内で販売されている電子タバコ用のリキッドにはタールやニコチンなどは含まれていません。そのため、受動喫煙による被害を最小限に抑えることができるのです。

 

また、加熱式タバコのようなタバコの葉を使うタバコでは、タールの発生は極端に抑えられるものの、依存症状から抜け出して完全に禁煙を目指すことは難しいようです。

 

電子タバコであれば、最初だけは従来のタバコと併用して使い、徐々に紙巻きタバコの量を減らして完全に電子タバコ一本に絞ることが出来やすくなると言われております。電子タバコであれば無理なく禁煙・減煙への道を自分のペースで行うことが出来ます

 

 

コラム一覧に戻る