ruthless

facebook

instagram

review

review

商品カテゴリー

ログイン

会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイントプレゼント致します。

会員登録をする

カートの中身

電子タバコやリキッドを検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

amazonへ出店中!
ご利用可能なクレジットカード・コンビニ・銀行一覧
ecigリンク

なぜMade in USAは安心なのか

欧米の電子タバコ(VAPE)事情

 

世界中を駆け巡るその勢いは、いまだ衰え知らずの「電子タバコ」です。電子タバコの先進国であるイギリスでは、電子タバコはベイプ(VAPE)とも呼ばれ禁煙補助の医療品として国から認可を受けるほどの存在です

 

そして、ベイプ(電子タバコ)を語る上で欠かせないのがベイプカルチャー発祥の地ともされる「アメリカ合衆国」におけるベイプ事情です。イギリスでは、禁煙補助アイテムとしての地位を築いているベイプですが、アメリカではベイプ(電子タバコ)を禁煙目的として使用するよりもライフスタイルに欠かせないカルチャー的な嗜好品、そしてファッションの一部として親しまれています。

 

アメリカをはじめとした欧米で高い人気を誇るベイプ(電子タバコ)は、日本国内でも2016年にアイコスやプルーム・テックがブームとなると同時に電子タバコも大きな話題となり、今では従来の紙巻きタバコを吸う喫煙者だけでなく、非喫煙者もベイプカルチャーに刺激されて日常的に電子タバコ(ベイプ)を愛用しているという人が増えています。尚、電子タバコは、男性だけでなく女性にも人気が高いことが特徴のタバコです。

 

アメリカのカリフォルニア州西海岸では、まさにベイプ(電子タバコ)は生活の一部として根付いており、街中の至るところにスモークショップをはじめベイプショップやベイプバーなど、ベイプ(電子タバコ)を気軽に楽しめるお店や、試し使いができるコミュニティーがたくさん存在します。

 

世界的にベイプ(電子タバコ)が注目され、ユーザーの数も継続的に増え続けていますが、日本では特に「Made in USA」の電子タバコ(ベイプ)や専用の液体リキッド、そして電子タバコ関連グッズが人気を得ています。

 

以下では、「Made in USA」の電子タバコやその関連製品が世界中から選ばれる理由について解説させていただきます。

 

 

◆「Made in USA」が常に注目される理由◆

電子タバコ(ベイプ)市場において、「Made in USA」が常に注目される理由、それは以下のような特徴がアメリカ製にはあるからです。

 

日本国内で販売されている電子タバコのリキッドは、ニコチンなしの物です。アメリカ製のニコチン入りのリキッドを手に入れるためには個人輸入をして個人使用する必要があります。

 

「Made in USA」の電子タバコ(ベイプ)用リキッドを個人輸入するときには、必ず信頼のおける個人輸入代行会社にお願いすることが大切です。

 

そして、USP(米国薬局法)認可済み、GRAS(アメリカ食品医薬品局)認可済みの原材料から製造され、作られており、人工着色料や人口香料、人口甘味料、保存料、遺伝子組み換え農作物などが一切使用されていないものを選ぶことも非常に重要な要素と言えます

 

《アメリカ合衆国はVAPEカルチャーの発祥地》

 

アメリカで製造される電子タバコ用のリキッドは、安心、安全、そして高品質であることから世界中に多数のユーザーがいます。アメリカ合衆国は、電子タバコの先進国であることはもちろんのこと、「ベイプ(電子タバコ)カルチャー」が生まれた発祥の地としても有名です。

 

そのため、アメリカの至るところに電子タバコを楽しめるバーや、多種類のフレーバーが付けられたリキッドがベイプショップにて販売されています。日本国内でも認知度が広がり人気の高い電子タバコですが、いまだに大量の煙をみた人から変な目で見られたり、初めて見た人にとっては衝撃が大きかったりということがあります。

 

一方、アメリカでは、電子タバコ(ベイプ)は特別な物としての立ち位置ではなく、人々のステータス、ライフスタイル、カルチャーとして自然な形で生活に溶け込んでいるのです。人々の生活に定着させるためには、電子タバコを使用する人がマナーを守り、ある程度の規制がないといけません。

 

アメリカは、そのようなマナーや規制を世界でいち早く取り入れていることから、日本をはじめとした電子タバコの先進国ではない国がアメリカをお手本にして電子タバコ市場を確立していこうとしているのです

 

《ベイプカルチャーを担うアメリカのVAPE事情》

 

アメリカのベイプ(電子タバコ)事情が、世界のベイプカルチャーに影響を与えるのは必然といえます。それは日本国内の電子タバコ事情にも影響し、アメリカで流行るものは日本でも流行るといっても過言ではありません。

 

アメリカと同じくベイプの先進国といわれるイギリスでは、国からベイプは禁煙補助アイテムとして認可を受けています。一方、アメリカでは、ベイプが人体に与える悪影響を不安視する人も増えており、中でも小さな子どもへの影響が大きな争点となっています。未成年者へのベイプの販売、使用が規制された背景にはこのような問題があったのです。

 

このように、ベイプが流行することは同時に問題もたくさん見つかってくるということです。ベイプの使用を反対する団体もありますが、今でもベイプ市場は欧米だけでも数千億円市場と呼ばれるビッグビジネスです。アメリカがベイプに対するさまざまな問題に対して、どのように対処していくかは世界中にいる電子タバコ愛用者が見守っているのです。

 

《コーヒーを飲みながら気軽にベイプを楽しめる》

 

日本人にも人気のアメリカ・ハワイ州、ホノルルにはアメリカ本土と同じくベイプ(電子タバコ)を使う人はたくさんいます。ハワイ発祥のベイプメーカーもあり、ショッピングセンターなどで気軽に購入ができる安心、安全なベイプが揃うことで注目されています。

 

ハワイに限ったことではないですが、アメリカにはベイプを楽しむための空間が沢山あります。スモークショップやベイプバー、ベイプショップをすぐに見つけることができますし、サードウェーブコーヒーが世界的に流行している現在は、美味しいコーヒーと一緒にベイプを楽しめるカフェがたくさん出店しています。アメリカ旅行、ハワイ旅行をする人が、ベイプを気軽に楽しめる環境がアメリカには揃っているといえるでしょう。

 

 

◆「Made in USA」が選ばれる理由とは?◆

アメリカ製

 

「Made in USA」とは、アメリカ合衆国で製造、管理をしている製品のことを指します。ベイプ(VAPE)いわゆる電子タバコは、アメリカのベイプ(VAPE)カルチャーを中心に広まり今では日本を含む世界中のユーザーに愛用されています。

 

日本国内で販売されている電子タバコや電子タバコ関連アイテム、そして電子タバコの特徴でもある水蒸気の元となる液体状のリキッドは、日本製をはじめ、欧米製、中国製、東南アジア製と、さまざまな国で製造された数え切れないほどの製品が出回っています。

 

製造国も異なり、製品の使い心地やフレーバーの種類の違いなど、多種多様な電子タバコ製品がある中で、必ずといえるほど話題に上がり常の的になるのが「Made in USA」の電子タバコアイテムなのです。

 

以下では、「Made in USA」の電子タバコ(ベイプ)が選らばれる理由についてまとめています。

 

《アメリカで製造しているリキッドは安心・安全で高品質》

安全

 

欧米製、中でも「Made in USA」のアメリカ製の電子タバコ(ベイプ)が選ばれている最大の理由は、「安心・安全で高品質」であるということです。

 

カリフォルニア州西海岸には、電子タバコ(ベイプ)を楽しむためのベイプバーやベイプショップがたくさんあり、誰でも気軽にベイプを楽しめるという環境にあります。

 

ベイプカルチャーの火付け役でもあるアメリカですが、電子タバコ(ベイプ)が世界中で流行し多くの人が愛用するようになると、それと同時に問題視されているのがアメリカ個国内でのベイプの規制についてです。アメリカ合衆国では、未成年者へのベイプ販売・使用は禁止されていますし、各州によりそれぞれ様々な規制を設けてベイプを正しく使うように活動を行っています。

 

欧米を中心にベイプ市場は衰えることなく、今では5000億円規模の市場とされています。ベイプの先進国であるアメリカでは、このようなベイプ人気の陰で、健康被害の恐れを不安視している人も多く、電子タバコ製品を扱う各メーカーは安全で高品質なベイプアイテムを製造することに尽力しているのです。

 

アメリカで製造されたベイプ製品に何か問題が生じれば、販売はストップされ、全ての商品を回収する必要がありますし、再度市場に出回るようになるためには時間も労力もかかってしまいます。

 

このような事を回避するためには、製造や品質管理をする段階から常に細心の注意を払う必要があるのです。アメリカ製造会社は、安心・安全、そして高品質のベイプ製品を日々製造する企業努力を続けているといえるでしょう。

 

《アメリカ製の電子タバコ(ベイプ)は機能性が高い》

機能性

 

アメリカで製造されるベイプ製品が選ばれるもう一つの理由に、「機能性の高さ」があります。電子タバコ(ベイプ)は使う人により、見た目や使いやすさ、フレーバーの種類の豊富さなどにこだわるなど、好みもさまざまです。

 

そんな中、見た目や使い安さを重視する人に高い人気を誇るのが、アメリカ製の機能性に優れたベイプ(電子タバコ)なのです。

 

欧米を中心に人気が高まり日本でも話題を集める電子タバコ(ベイプ)ですが、ベイプカルチャーは常に進化を遂げているといえるでしょう。その進化の一つが、今まさに電子タバコ愛用者の中で大人気の「爆煙」を発生できる電子タバコの存在です。

 

電子タバコ(ベイプ)は、タバコの葉ではなく専用のリキッド(液体)を使います、従来の紙巻きタバコとは異なり、火を付けない代わりにバッテリーの電流で温めてリキッドを水蒸気に変えます。その水蒸気の煙は、一般的な紙巻きタバコにくらべ大量の煙を発生させることができるため、水蒸気の煙が多ければ多いほど爆煙と呼ばれ、愛用者の中で電子タバコの楽しみの一つとなっているのです。

 

製品によっては、水蒸気の煙の量を調節できる性能(AIOやAIO D16も同様の 機能があります)が仕組まれた物も多く、この水蒸気の煙をさらに大量に発生させた「爆煙」を楽しめる製品が多く販売されています。

 

アメリカのベイプカルチャーでは、ビックベイプ(BIG VAPE)という言葉があるように、大量の煙を吐くことがベイプを吸う上での醍醐味になっているようです。

 

《スタイリッシュに定評があるアメリカ製》

スタイリッシュ

 

アメリカ製のベイプは、本場アメリカで若者たちを中心に人気がありますが、彼らは禁煙を目的にベイプを使うのではなく、一つのカルチャーとしてベイプを使うことが多いようです。そのため、見た目も比較的シンプルなものが多く、老若男女だれが手にしてもカッコいい印象が持たれる製品が多く販売されています。

 

東南アジア製のベイプの中には、かなりユニークで派手で目立つベイプが多いですが、普段使いすることも多く人の目を気にする人にとっては少し恥ずかしいと感じることがあります。そのため、実用性に優れた上、シンプルで持ち運びやすいアメリカ製のベイプ製品(電子タバコ製品)が、愛用者から選ばれることが多いのです。

 

《種類の豊富さ》

種類

 

欧米のベイプカルチャーの流れが日本に入り、日本国内でもその認知度や愛用者の数が増え出したのはごく最近ともいえます。日本で注目され流行するまでのあいだに、アメリカを中心とした欧米ではベイプカルチャーが大きく成長していました。

 

アメリカ発の電子タバコメーカーはいくつもあり、各メーカーから販売されている専用リキッドのブランドは数百以上にも及ぶとされています。アメリカのメーカーであっても、製造元は違う国といったケースもあるので注意が必要ですが、100%アメリカで製造された製品であれば高品質で安全、そして安心して使用することができるでしょう。

 

しかしながら、電子タバコ本体の製造は現在はアメリカ製と言えども中国で製造されている商品が非常に多いのも現実です。

 

 

◆まとめ◆

「Made in USA」が常に世界の電子タバコ愛用者、そして電子タバコ業界に注目されているのは、今回ご紹介したような「アメリカ製の安全、安心、高品質」という特徴が一番の理由といえます。

 

徹底された品質管理、電子タバコ専用のリキッドに用いる原料の確保、そしてさまざまな専門機関による認可を得たものだけが販売されているという安心感や信頼性がアメリカ製にはあるのです。

 

ニコチン入りのリキッドを個人輸入する場合は、この安心感や信頼性が特に重要なポイントになります。安さを重視したために、よく分からない成分が含まれているリキッドを購入してしまっては、電子タバコを使う方、そして周りにいる家族や子どもにとってもリスクが高いといえるでしょう。

 

世界中の電子タバコ愛用者に認められているアメリカ製の電子タバコ製品やリキッドは、はじめて電子タバコを利用する方にも安心してご利用いただけるおすすめの製品です。

 

電子タバコ市場は、まさに今この瞬間にも進化を続けています。爆煙という水蒸気の量を大量に出せるダイナミックな電子タバコがここ数年人気ですが、アメリカのベイプ(電子タバコ)カルチャーの動向によっては、また新たな電子タバコを楽しむことができるようになるでしょう。

 

このようなことからも、ベイプカルチャーの流行に乗るためにはアメリカの電子タバコ事情は今後も目が離せません。

 

当サイトとしては今後も安心・安全で高品質な「Made in USA」のリキッドを一人でも多くの愛煙家や禁煙に挑戦される方、健康を気にされている方なのが、どうか思いが遂げられるようにリキッドをご紹介していきたいと思っております。

 

今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

コラム一覧に戻る