ニコチンソルトのご紹介

ポケックスのご紹介

ボーのご紹介

review

review

review

review

facebook

instagram

review

商品カテゴリー

会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイントプレゼント致します。

会員登録をする

ログイン

カートの中身

電子タバコやリキッドを検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

amazonへ出店中!

取り扱いメーカー一覧

Aspire

BO

Apollo

Black Note

Vaporfi

Wisconsin Dairy

LIQUA

Ruthless

Virgin Vapor

NicQuid

フレーバータイプ別一覧

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

コラム一覧

もっと見る

欧米で電子タバコを推奨する理由

欧米の電子タバコ(VAPE)事情

その真意はさておき、欧米を中心に「電子タバコ」が推奨されている印象があります。ベイプ(VAPE)と呼ばれる電子タバコが、欧米の国々を先進国として成長を遂げていることが、こういった流れを作っているといえるでしょう。

 

欧米、中でもアメリカ合衆国でブームになった製品は日本国内にも伝わり、必ずと行って良いほど大きな話題を集めます。現実に、日本で電子タバコが注目され始めたときには、既にアメリカでは「ベイプ(電子タバコ)カルチャー」が生まれていたのです。

 

認知が広がれば広がるほど、そしてユーザーが増えれば増えるほど、さまざまな考えや問題が出てきますが、日本国内でもアイコスやプルーム・テックが流行した事がきっかけで今では電子タバコを愛用している人が増え続けているのは事実といえます。

 

実際に、日本国内でも大人気でヘビーユーザーも多いとされるマールボロ(Marlboro)を販売する世界最大のタバコメーカー「フィリップモリス(Philip Morris)」は、従来の紙巻きタバコの製造販売から撤退する見通しであることを示しています。

 

世界最大のタバコメーカーが近い未来の姿をこのように示したことで、電子タバコなどの新型タバコが今後ますます注目されていく可能性は非常に高いといえるでしょう。そこで今回は、「欧米で電子タバコを推奨する理由」を考えていきましょう。

 

 

◆欧米で電子タバコを推奨する理由とは◆

電子タバコ、ベイプ(VAPE)、ベイパー(VAPOR)といえば、欧米を中心に発展してきた新型タバコです。電子タバコの先進国である欧米では次々と新しい製品やベイプ技術が生まれており、その勢いは留まることを知りません。

 

日本国内では、数年前より電子タバコを日常的に使用するユーザーが増え、最近では都心などの流行の発信地では電子タバコを吸う姿を見てもそれほど驚くこともなく、少しずつ人々の生活に馴染んできているようです。

 

欧米で電子タバコが推奨される、多用使用される大きな理由は、以下のような点が影響しているのではないかと考えられます。

 

《従来のタバコより健康被害が少ない?》

 

人体への有害性やリスクが大きいとされる従来の紙巻きタバコにくらべ、「電子タバコ」は健康被害が少ないという研究結果がイギリスの専門機関により発表されました。紙巻きタバコによる健康被害と比較すると、電子タバコの方が健康被害の発生率が5%ほどであるといった研究結果です

 

従来のタバコよりも健康被害が少ないという研究結果は世界中が驚く内容であり、その後のイギリス政府の対応もまた、世界の電子タバコ愛用者を驚愕させました。

 

健康被害が少ないという研究結果は、電子タバコが全く有害のないタバコであると立証されたわけではありません。しかし、人体に影響する有害性の高い従来の紙巻きタバコを吸うよりは、電子タバコを吸った方が健康被害に陥りにくいという考えから、電子タバコを推奨されている傾向に動いているともいえるでしょう。

 

《イギリスでは健康的な禁煙補助アイテムとして推奨?》

 

イギリスの保健省が発表した「電子タバコ(ベイプ)は従来の紙巻きタバコより有害性が95%少ない」という研究結果をもとに、イギリス政府は大きな決断を下しました。それは、「医師により書かれた処方箋があればニコチン入りの電子タバコを購入できる」という内容でした。イギリスにおける電子タバコは、「禁煙補助」を目的とした医療品として認可されているのです。

 

このようなイギリス政府の対応に対し、日本ではニコチン入りの電子タバコの販売が薬事法で禁止されています。イギリスと日本とのあいだでは、電子タバコを取り巻く環境が大きく異なるということがこのような点からも分かります。日本国内では、ニコチン入りの電子タバコリキッドの販売が禁止されていますが、個人輸入と個人使用であればニコチン入りの電子タバコを使うことができるのです。イギリスの規制とは大きく異なるといえます。

 

《アメリカの公共スペースでは禁煙?》

 

日本でもここ数年、喫煙者への風当たりは厳しく、次々に喫煙場所が減少しています。公共の場所では決められた喫煙場所でタバコを吸うことが原則として決まっていますが、家や仕事場でもベランダや屋外で吸うことを余儀なくされています。しかし、このような日本のタバコにおける規制は、世界の先進国の喫煙に対する政策にくらべると非常に遅れていると低評価を受けています。

 

1930年代のアメリカ合衆国はタバコ大国と呼ばれるほどの高い喫煙率を記録していましたが、タバコによる健康被害や受動喫煙による不快感などが問題視されるようになってからは、時の経過とともに禁煙化が急速に進んでいきました。

 

このようなアメリカの喫煙率の低下は、アメリカではタバコの価格が日本の倍以上あるため、経済的な理由から少しずつ禁煙をせざる得ない状況ができあがっているといえます。さらに、公共スペースでは全面禁煙としている州が殆どであるため、必然的に喫煙がしづらい環境であるといえます。

 

このように、日本では喫煙場所を守れば喫煙ができるといった風潮がまだどこかにあるため、喫煙者は普段からよく目にします。一方アメリカでは、公共の場を中心に建物内も禁煙、歩きタバコも禁止など、非喫煙者にとっては非常に暮らしやすい環境が整っているのです。

 

このように、タバコを吸えない環境が一般的なアメリカでは従来の紙巻きタバコが吸いにくい今、「電子タバコ(ベイプ)」が必然的に人々の身近なアイテムとなり、新しい時代の「嗜好品」として電子タバコが多くの人々に求められているのです。

 

《アメリカは先進国でも有数の喫煙国家だったから?》

 

アメリカでは、日本よりもさらに喫煙による健康被害に関してたくさんの規制がされています。喫煙者に対する世間からの視線は冷たく、肩身の狭い思いをしている人が多いようです。しかし、このような規制やタバコに対する厳しい姿勢は、実際に大きな禁煙効果を生み出しているのです。

 

2014年のCDC(米疾病予防管理センター)の調査結果によると、アメリカの成人喫煙率は2割を切っています。2020年に向け喫煙率を12%までに引き下げる目標をアメリカ政府が掲げていることから、今後も禁煙に向けた効果的な政策が必要になります。

 

電子タバコが政府により医療品として認可を受けているイギリスとは異なり、アメリカでは歴史も浅く科学的な根拠がないままシェアが拡大している電子タバコに不安を抱く人も多いようです。しかし、その一方でベイプ(電子タバコ)カルチャーは確実に成長を遂げており、禁煙や健康を目的とするよりも、新世紀のライフスタイルを象徴するかのような自由でスタイリッシュな電子タバコが、アメリカ国内に息づいているといえるでしょう。

 

《ハリウッドセレブの影響》

 

アメリカ人をはじめ、世界中の人が電子タバコの存在を知るきっかけになったのは、有名な「ハリウッドセレブ」が電子タバコを愛用していたことが影響しています。何をしてもニュースになるハリウッドセレブですが、その中の数名のスターが電子タバコを愛用している姿を目撃した人が次々に電子タバコの存在を知り、実際に自分自身も使ってみるということが始まりのようです。

 

中には、電子タバコの魅力を知った人が、それをソーシャルネットワークにアップして世界中に電子タバコ情報を発信させました。ソーシャルネットワークの影響は非常に大きく、地球の裏側にいる人たちにも電子タバコの存在が広がるきっかけになったのです。

 

ハリウッドセレブが持つ物はどれもカッコよく見えて、世界中に電子タバコブームを巻き起こすほどです。すでに電子タバコが生活の一部として根付いているアメリカでは、電子タバコの安全性に関する論議が、賛成派そして反対派により常に議論されています。

 

しかし、アメリカ国内でどのような論争が繰り広げられていたとしても、いまも変わらず電子タバコを嗜好品として愛用しているハリウッドセレブが大勢います。ハリウッドセレブの影響は絶大であるため、今後も欧米を中心に電子タバコのシェアがさらに拡大していくことは必然なことといえるでしょう。

 

《欧米では電子タバコは老若男女問わず人気》

 

アメリカ西海岸は、電子タバコ(ベイプ)の発祥の地とされています。サーファーやスケーターといった最新のポップカルチャーを生む若者が多く集まるエリアであることから、電子タバコはあっという間にスタイリッシュでモダンな嗜好品としての地位を築きました。

 

欧米各地で電子タバコが推奨されている動きにあるのは、電子タバコが「老若男女問わず人気」を得ていることがその背景にはあるようです。アメリカでは、電子タバコの危険性に関する論議が進められていますが、それによる売り上げの落ち込みは見られず、反対に電子タバコの需要は高まっているといえるでしょう。

 

電子タバコを使う若者の中には非喫煙者も多く、電子タバコをライフスタイルの一つとして取らえている人も多いようです。電子タバコを使うのは若者だけではありません。長年禁煙をしようと思っていてもなかなか成功しなかった高齢の方が、従来のタバコから電子タバコに切り替えて禁煙を目指すということもあります。

 

このことから、ベイプ(電子タバコ)バーやベイプショップには、年齢も性別もさまざまな愛好者が次々に訪れ、ベイプに関する話で大いに盛り上がりを見せているのです。ベイプという新しいタバコが人々の生活に無くてはならない物になったことで、ベイプを中心に大勢の人が分け隔てなくベイプに関する会話を楽しみ、これまでにはなかった交流の場やコミュニティーが続々と生まれているのです。

 

《電子タバコと触れあえる場所が多い》

 

欧米各地では、はじめて電子タバコを使う人にとって「電子タバコと触れあえる場所が多い」ということが大きな強みになっているといえるでしょう。

 

アメリカの各州によっては、数十分ほどの距離に何軒ものベイプ(電子タバコ)ショップやベイプバー、ベイプカフェを見つけることができるため、初心者でも簡単に電子タバコをはじめることができるのです。このようなお店では、電子タバコを試し使いすることもできますし、自分の好きなフレーバーをいくつものリキッドの中から選びカスタマイズすることができます。

 

日本国内でも、電子タバコを試し使いできる場所が増えていますが、欧米に比べるとやはりその数はまだまだ少ないのが現状です。イギリスでは電子タバコを禁煙補助品として使用するための正しい使い方や、注意点などを詳しく教えてもらえる環境が整っているからこそ、誰もが安心して電子タバコを使用することができるのです。

 

 

◆まとめ◆

世界中に電子タバコ(ベイプ)ユーザーがいるという事実は、いまの電子タバコ人気の勢いを物語っているといえるでしょう。アメリカ合衆国やイギリスは電子タバコ(ベイプ)の先進国であり、新たなフレーバーや高い機能性を持つ製品が続々と登場しています。

 

欧米では禁煙化が徹底されていることから、日本のように普通のタバコが吸える喫煙場所を探すことすら難しいとされています。そのような時代にあり、これまで紙巻きタバコを吸っていた喫煙者が電子タバコに切り替えるという流れは自然であり、国として喫煙率を下げるために電子タバコをどのように活用していこうか試行錯誤している段階にあるといえるでしょう。

 

イギリスでは電子タバコが医療品として国から認可されている一方、アメリカではベイプ(電子タバコ)カルチャーが発達するにあたり人体への影響が懸念されているのも事実です。しかし、電子タバコ使用の賛否が問われる渦中にあっても、アメリカ人の生活になくてはならない物として電子タバコは定着し、常に新しい製品が誕生しているのです。

 

賛否両論あるものの、欧米を中心に電子タバコが必要とされている点に関しては言うまでもありません。そして、日本国内における電子タバコの位置付けも、欧米のような電子タバコ先進国の動向に大きく影響される可能性が非常に高いといえるでしょう。

コラム一覧に戻る