新規会員登録1000ポイント+メルマガ登録でお得なクーポン

電子タバコやリキッドを検索

メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

フレーバータイプ別一覧

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

取り扱いメーカー一覧

Apollo

NicQuid

Vaporfi

Ruthless

Wisconsin Dairy

Virgin Vapor

Black Note

LIQUA

大切なパートナーや家族の為(非喫煙者)に!! 電子タバコがおすすめなワケ

安全性や受動喫煙や禁煙について

世界各国で喫煙を抑制しようとする禁煙への動きが加速しています。日本では、欧米各国に比べると大きな遅れを取っている感はありますが、 受動喫煙防止条例などの法案も議論されている中、2020年東京オリンピックに向けて喫煙率を減らすことを目的として喫煙所は日に日に減らされ、喫煙できる場所が限りなく制限されてきています。

 

数十年と長く喫煙を続けてきた喫煙者がいきなり禁煙をするということは、それほど簡単なことではなく、むしろ非常に難しいといえるでしょう。しかし、日本国民が陥りやすい病や死亡に至る原因の多くが、喫煙を長く続けたことによる生活習慣病であることから、やはり禁煙に関しては国民全員が一丸となって取り組みたい課題の一つといえるでしょう。

 

そこで今回は、「大切なパートナーや家族のために電子タバコがおすすめなワケとは?」と題し、受動喫煙の恐ろしさや喫煙による非喫煙者への悪影響などを通し、従来の紙巻きタバコから電子タバコへ切り替えが推奨される理由をご紹介していきます。

 

 

◆大切なパートナーや家族のために電子タバコがおすすめなワケとは? ◆

 

 

喫煙は身体に悪いと理解していても、なかなか禁煙できない、量を減らせないという喫煙者が多いようです。しかし、今まさに吸っているその一本が、大切な家族や小さな子どもの寿命を縮めているとしたら、すぐにでも何かを始めなきゃいけないと考えるようになるのではないでしょうか。

 

タバコが敬遠され、世界中で喫煙率の低下を目指している理由は、喫煙によるメリットを誰一人として受けることがないためです。メリットが何もない一方、喫煙によるデメリットは喫煙者のみならず、非喫煙者にも多いことから大きな課題とされているのです。

 

以下では、喫煙が非喫煙者に及ぼす悪影響や、大切なパートナーや家族のために電子タバコがおすすめされる理由などについてまとめています。

 

《喫煙による非喫煙者への悪影響》

喫煙が人体に与える有害性と恐ろしい点は、最悪の場合「人を死に至らせる」こともあるということです。そしてさらに恐いことに、喫煙による死のリスクを抱える人は必ずしも喫煙者だけではなく、「非喫煙者」である大切な家族や小さな子どもにも悪影響を及ぼすということです。

 

喫煙が非喫煙者へ悪影響を及ぼす理由、それは副流煙を吸い込むことで起こる「受動喫煙」が原因です。厚生労働省の研究班がまとめた推計によると、「受動喫煙が原因で死亡する人は、国内で年間1万5千人に上る」と発表されています。受動喫煙が原因で死亡する人の内訳は、肺がんや虚血性心疾患、脳卒中、乳幼児突然死症候群です。

 

《受動喫煙とは?》

現在、国会で審議されています「受動喫煙(じゅどうきつえん)」とは、副流煙を非喫煙者の意思とは関係なく吸いこんでしまうことを指します。そして、副流煙(副流煙)とは火をつけた紙巻きタバコから立ち上る煙や、喫煙者が喫煙により吐き出した煙のことを指します。

 

家族や同僚、友人、そして外出先に喫煙者がいれば、非喫煙者は自分の意思とは関係なく副流煙を大量に吸い込んでしまい、結果的に受動喫煙していることになるのです。受動喫煙になっている期間が長ければ長いほど、喫煙による健康被害のリスクは増加していくといえるでしょう。

 

次に、受動喫煙が原因によって起りうる健康被害や悪影響についてご紹介します。

 

 

◆受動喫煙による悪影響 ◆

 

 

《副流煙は主流煙よりも有害》

タバコを吸う喫煙者が吸い込んでいる煙を「主流煙」といいますが、ここで知っておきたいのが「副流煙は主流煙よりも発がん性物質などの有害物質が多く含まれている」ということです。

 

主流煙を基準にすると、副流煙に含まれる有害物質は「タールは3.4倍」、「一酸化炭素は4.7倍」とされています。このように、非喫煙者は悪い影響しかない副流煙を、自分の意思に反して吸わされてしまっているのです。

 

《非喫煙者の健康被害》

有害物質が多く含まれている副流煙を吸いこむことを、受動喫煙といいます。非喫煙者は、自分自身はタバコを吸っていないにも関わらず、受動喫煙の被害に常に被っているのです。

 

受動喫煙による非喫煙者への影響で最も恐いのが、「健康被害」です。副流煙の煙を知らずうちに吸いこんでしまっている非喫煙者にとって、受動喫煙は死にも直結する危険なことです。

 

受動喫煙が原因とされる非喫煙者の健康被害のうち、副流煙を吸い込むと同時に起こる影響が、目の痛みや目がしみるといった症状、さらには喉の痛みや臭いによる不快感などです。喫煙が可能な飲食店に入ったり、友人の付き添いで喫煙所に入ったりすると、もくもくと発生している大量の副流煙のせいで目が開けられず、むせてしまう人がいますが、これこそが副流煙による最初の被害といえます。

 

家族の中に喫煙者がいて、家の中でも関係なくタバコを吸うということがあります。家の中が常にタバコの煙で充満しているような空間に長く暮らしていた受動喫煙者は、一般的な非喫煙者よりも健康被害のリスクが高くなることが予想されます。

 

受動喫煙が長く続いていると、肺がんや脳卒中、虚血性心疾患、肺機能の低下、乳幼児突然死症候群(SIDS)、糖尿病、心筋梗塞、動脈硬化、流産、低出生体重児、喘息、中耳炎など、さまざまな健康被害に繋がる可能性が高くなるのです。

 

《タバコの三次喫煙による被害》

主流煙を吸い込むことを一次喫煙といい、喫煙者が吐き出したときにでる副流煙や火を付けたときに生じる副流煙を吸い込む受動喫煙を二次喫煙といいます。そして、これらの他に近年話題になっているのが、「三次喫煙」です。

 

タバコを吸うと、吸い終わったあとに吸い殻が残り、部屋のカーテンやソファー、衣服などにタバコの煙がしみ付きます。タバコの吸い殻や、タバコの煙が染み付いた部屋や衣類には、タバコ煙による残留物が残っています。

 

これらの残留物が残っていると、非喫煙者が残留物から有害物質を吸い込んでしまうことがあります。これを、「三次喫煙」といいます。喫煙者に近づくと衣服にタバコの臭いが染み付いていたり、部屋や車の中にも臭いがこびり付いていたりすることがあります。これを家族や子どもが吸ってしまうと三次喫煙となり、がんになるリスクを高める可能性があることが示唆されています。

 

これまでは二次喫煙と呼ばれる受動喫煙が非喫煙者に与える悪影響がクローズアップされていましたが、数年前からは二次喫煙に加え、三次喫煙により健康被害を受ける可能性があることが問題視されているのです。

 

《タバコの不始末による火事のリスク》

受動喫煙のほか、非喫煙者である家族や周りの人に喫煙が原因で大きな被害を加える可能性があります。それが、「タバコの不始末による火事のリスク」です。

 

タバコを吸ったあとには通常、指定された灰皿、もしくは事前に用意しておいた灰皿や携帯灰皿でタバコの火を消します。しかし、灰皿で火を消したつもりでいても、タバコの先端にまだ火種が残っている場合があり、この火種が原因で周りの吸い殻に着火し、燃え広がるといったことがあります。

 

また、何かをしながら喫煙をしているときに多いのが、火のついたタバコを灰皿に置きっぱなしにして、消すのを忘れてしまうということです。雑誌や新聞など、燃えやすいものにタバコから灰が落ちてしまうと、そこから火が広がり最悪の場合「火事」になることもあります。

 

喫煙による被害は受動喫煙によるものだけでなく、このように火事を引き起こし、家をまるごと失ってしまう可能性をも秘めている恐ろしい行為なのです。

 

 

◆電子タバコが薦められる理由◆

 

 

世界的に喫煙に対する嫌悪感が広がっている理由、それは喫煙が喫煙者のみならず「非喫煙者へも悪影響を及ぼす行為である」ためです。

 

紙巻きタバコには、タールなどの人体に有害な物質が多数含まれていることから、がんやCOPD (慢性閉塞性肺疾患)などの病気を発症させる原因にもなります。これらの恐ろしい病気は必ずしも喫煙者にだけ影響するのではなく、非喫煙者である大切なパートナーや家族の身体にも起りうる病気なのです。

 

以下は、「電子タバコが薦められる理由」についてまとめています。

 

《受動喫煙を極力防止できる》

喫煙が原因で引き起こるリスクに、受動喫煙による非喫煙者の健康被害や、タバコの消し忘れなどにより起こる火災リスクなどがあります。これらの恐ろしい影響を最小限に押されるために、従来の紙巻きタバコから「電子タバコ」に切り替えることをおすすめします。

 

電子タバコは、電力の熱伝導を利用して専用のリキッドを蒸発させ、それにより発生する水蒸気を吸い込み味わうタバコです。使用されている材料にタバコの葉を使用していないことから、タールなどの有害物質によるリスクを極力回避することができるのです。

 

大量の水蒸気が発生することから使用するときのマナーは守らなければなりませんが、受動喫煙による家族への悪影響を考えると、今すぐにでも電子タバコに切り替えた方が良いといえるでしょう。

 

《禁煙につながる》

電子タバコを使い始めた当初は、大切なパートナーや家族の健康被害を懸念したことがきっかけで、紙巻きタバコから電子タバコに切り替えたという方もいるでしょう。

 

電子タバコは、フレーバーが付いた多種多様なリキッドの中から、自分に合うモノを選びカスタマイズすることができます。長く使い続けるほど電子タバコの虜になり、いつの日かリアルタバコ(紙巻きタバコ)を吸うことに魅力を感じず、実際にリアルタバコを吸っても電子タバコよりも美味しくないと感じるようになります。

 

このような段階にくると、無理せず自然に「禁煙」を実行することができます。禁煙に成功すれば、家族が受動喫煙者になるリスクを確実に減らすことができますし、禁煙を成功させた自分自身にとっても喫煙によるリスクを徐々に減らしていくことができるのです。

 

《タバコ臭で迷惑をかけない》

タバコが嫌いだという人は、受動喫煙による身体への影響はもちろんのこと、何よりも「タバコ臭が嫌い」という方が多いようです。喫煙者がどれほど気を付けていても、衣服や部屋にタバコ臭が付着してしまうため、非喫煙者にとっては少しの臭いでも臭いと感じてしまうのです。

 

これまでの紙巻きタバコから電子タバコに切り替えると、臭いの元であるタールが含まれていないこと、そして火を付けないで使うことから、独特のタバコ臭が発生することはありません。電子タバコで使用する液体状のリキッドは、ミントや果物、お菓子、お酒といった様々なフレーバーが付いています。非喫煙者の中には、香りが良いからと電子タバコなら部屋の中で吸っても良いという人もいるほどです。

 

喫煙によるタバコ臭が原因で、交流関係を狭くしている可能性も少なからずあるでしょう。このようなリスクを負わないためにも、従来の紙巻きタバコから電子タバコに切り替えることが薦められているのです。

 

《経済的効果がある》

紙巻きタバコから電子タバコに切り替えると、「経済的な効果がある」とされています。電子タバコを工夫して使うことにより、初期費用やメンテナンス費用、そして水蒸気の元になるリキッドの購入費用だけで十分に電子タバコを楽しむことができるからです。

 

電子タバコで使用するリキッドには大容量の製品も多いことから、人によっては紙巻きタバコを使っていた時にくらべ半分以下までコストを抑えることができるでしょう。電子タバコの本体を大事に使えば、買い換えの必要はなく、コイルというパーツやリキッドを買い足すことで長期間使用することができます。

 

《美容を考えて電子タバコに切り替える》

喫煙の問題は、男性に限ったことではなく女性にとっても大きな問題です。喫煙を続けているとシワやくすみの原因になり、実年齢よりも老けて見られることがあります。どれだけ高価な化粧品を使っていても、喫煙が人体に与える影響は凄まじく、せっかくのスキンケアが全く意味をなしません。

 

このような事からも、美容促進を考えて禁煙をしようと思っている方には、電子タバコの使用をおすすめします。電子タバコを使うことで、無理せずに少しずつタバコの量を減らしていくことができるでしょう。

 

 

◆まとめ◆

家族や友人、同僚など、周りからの忠告や指摘をされたことで禁煙をはじめるといった方もいますが、禁煙が成功するかしないかは最終的には禁煙をしようとしている方の意思による効果が最も大きいといえるでしょう。

 

家族の中で禁煙をはじめようとしている人がいれば、周囲の人が献身的なサポート役を買うことも一つの方法ですし、どうしても自分の意思だけでは喫煙への欲求を抑えられないときには、電子タバコといった従来のタバコに代わる嗜好品を試してみることをおすすめします。

 

電子タバコは、有害物質とされるタールが含まれていないことから、大切な家族が受動喫煙をする可能性を大きく軽減することができます。家族の健康を第一に考えるのであれば、今からでも電子タバコに切り替えて禁煙を目指して努力を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 


 

◆副流煙・受動喫煙による妊婦・赤ちゃんへの影響・害について◆

 

健康へのさまざまな悪影響が大きく取り沙汰されている喫煙。日本国内の喫煙者の数、喫煙量は年々減少していますが、それでもまだ男性は3割、女性は1割の喫煙者が喫煙者であるのが現状です。

 

喫煙を続けて良いことは何もなく、喫煙者自身の健康被害、さらには受動喫煙により非喫煙者の健康被害を及ぶす危険な行為であること、これを私たちは改めてきちんと理解し直す必要があるでしょう。

 

今も喫煙を続けている方、あるいは喫煙者が身近にいる方、喫煙の煙により嫌な思いをしたことがある方など、喫煙が原因の健康被害に関しては普段からよく耳にされているかと思います。

 

ただ、今回注目する「副流煙・受動喫煙による妊婦・子ども・赤ちゃんへの影響・害」に関しては、知っているようで実際にはあまりよく知らないという方も案外多いのではないでしょうか。

 

副流煙や受動喫煙による健康被害は、決して他人事では済まされません。大切なパートナーや家族を守りたいという方、喫煙者の方、今後妊娠を希望されている方、周りに喫煙者がいる方など、すべての方にご覧いただきたい内容にスポットを当てて喫煙による影響や害を紹介していきます。

 

 

《紙巻きタバコ最大の問題は受動喫煙》

ここ数年で、大きく取り沙汰されるようになった喫煙による問題、それが「受動喫煙」です。

受動喫煙は、タバコを吸わない非喫煙者の人が気をつける、あるいは気をつけないに関わらず、タバコの副流煙を自分の意思に関係なく肺の奥深くまで吸い込んでしまっている状態のことを言います。

 

例えば、家族の中に喫煙者がいて、その人が部屋の中でタバコを吸ってしまえば、そこから発生したタバコの煙、つまり副流煙を、他の家族が嫌でも吸い込んでしまうのです。喫煙している人と同じ部屋にいたり、喫煙所の近くを横切ったりすると、鼻が痛くなる、喉がイガイガすることがありますが、こういった症状すべてが副流煙を吸い込んでしまう受動喫煙による害です。

 

今でこそ受動喫煙という言葉が一般的に使われるようになり、非喫煙者の身体にも悪影響を及ぼす可能性があるといった認識が広がりましたが、紙巻きタバコに200種類以上の有害物質が含まれていることを知っている方はそれほど多くないのではないでしょうか。

 

 

《主流煙よりも有害性が高い副流煙の恐ろしさ》

受動喫煙とは、本人の意思とは関係なく副流煙を吸い込んでしまう状態のことを指します。家族の中に喫煙者がいたり、職場に喫煙者がいたりすれば、自分がタバコを吸う・吸わないに限らず、喫煙者をしたときに立ち上がる煙、つまり副流煙を吸い込んでしまい健康被害のリスクは増加します。

 

・副流煙とは?

喫煙者がタバコを吸った時に立ち上がる煙のことを副流煙と言います。一方、喫煙者本人がタバコのフィルターなどの吸い口から吸い込む煙のことを主流煙、喫煙者が一旦吸い込んで吐き出した煙のことを呼出煙と言います。

受動喫煙にさらされている非喫煙者は、副流煙と呼出煙が混ざった煙を自分の意思に関係なく吸わされているのです。

 

また、副流煙は主流煙よりも有害物質が多く含まれています。燃焼温度が低く酸素供給が少ないと不完全燃焼になりやすく、フィルターを通さないため有害成分の濃度が高くなります。これが副流煙の恐ろしさです。

例えば、副流煙には、有害物質や発がん性物質を多く含むタールは主流煙の3.4倍、血中の酸素運搬機能を妨げる一酸化炭素は主流煙の4.7倍も多く含まれていると言われています。その他、発がん性物質であると疑われる成分は主流煙の60倍を超えると言われるほどです。

 

 

《副流煙・受動喫煙による女性の身体への影響や害》

喫煙を長く続けていればいるほど依存性が強くなり、禁煙しようと思っても簡単には止められないものです。ただ、喫煙による女性の身体への悪影響や害を改めて理解すれば、禁煙できないと言っている場合ではないことを自覚されるはずです。

 

さて、タバコの喫煙は赤ちゃんに悪い、ということは知られています。そういった認識から、妻が妊娠したことが分かった時から家でタバコを吸うのは止めよう、と禁煙を決意する方も多いようですが、本当にそれで良いのでしょうか?

副流煙・受動喫煙による健康被害を軽く考えてはいけません。特に、妊婦、子ども、赤ちゃんへの悪影響や害は計り知れないからです。妊娠が分かったらタバコを止めれば良いといった考えで、今まさにパートナーや将来生まれてくる大切な家族を危険な目にさらしている可能性があるのです。

 

・副流煙・受動喫煙が原因で不妊に!?
喫煙による害を受けた身体は、私たちが想像する以上に恐ろしい健康被害をもたらします。

例えば、女性の喫煙者は、非喫煙者に比べて不妊の率が高くなる、つまり妊娠しづらい、ということは多くの女性が知る周知の事実です。それだけでなく、受精卵の質の低下、妊娠をしても流産の確率が増加するなど、さまざまな形で悪影響が及びます。

タバコは卵巣の機能と深く関わりがあり、喫煙を続けることで女性ホルモンができにくくなり、卵巣の中の卵胞の育ちが悪い、不妊率が高くなるといった悪影響を引き起こす原因になります。

 

私はタバコを吸わないから大丈夫、妻は非喫煙者だから大丈夫、と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いと言えるでしょう。その理由は、あなた自身がタバコを吸わなくても、パートナーが喫煙者でなくても、周りいる人たちやパートナーが喫煙者であれば、常に受働喫煙による悪影響を受け続けているためです。

家庭内で長期にわたり受働喫煙すると、不妊の確率や早期閉経の確率が高くなることがアメリカの研究で明らかになっているように、喫煙しないから大丈夫、外で吸っているから大丈夫では済まされない話なのです。

 

 

《副流煙・受動喫煙による妊婦・子ども・赤ちゃんへの影響や害》

ニュースやSNS上でもよく話題になるのが、副流煙・受動喫煙による妊婦や胎児への影響や害です。

 

タバコを吸ったときに発生する副流煙を本人の意思に関係なく吸い込んでしまう状態を受働喫煙と言いますが、こういった状況に長く置かれている人の身体は徐々に蝕まれていき、最悪の場合死をもたらすほど危険な病気を患ってしまうこともあります。

 

これは、大切な命をお腹の中に宿している妊娠中の女性にとっても同じことです。妊婦自身はもちろん喫煙していなくても、家庭内や職場などで身近な人や周りの人が喫煙を続けていれば、受動喫煙による被害を受ける可能性は確実に高まるからです。

 

・妊娠中の受働喫煙により胎児に健康被害が及ぶ危険性がある

妊娠中の方が長期にわたり受動喫煙させられた場合に最も恐ろしいのは、お腹の中にいる胎児への影響です。副流煙に含まれる有害物質が妊婦の体内に入ると、胎盤を通って胎児の体内に流入してします。その結果、有害物質がどの程度流入したかにもよりますが、最悪の場合、胎児に健康被害が及ぶ危険性が高くなります。

受働喫煙による影響で胎児に健康被害が及んだ場合、子宮内発育不全や低出生体重児の割合が2割から多い時で9割増加すると言われています。

 

・受動喫煙による子どもや赤ちゃんへの影響は未来にも関わる

出産間もない乳幼児がタバコの副流煙にさらされると、乳幼児突然死症候群(SIDS)や小児白血病、呼吸器疾患(気管支炎・喘息・肺炎など)、中耳炎、低身長、アトピー性皮膚炎、知能低下など、さまざまな悪影響があるという研究結果も報告されています。

また、乳幼児の頃の受働喫煙が原因で、将来成人した時に糖尿病などの生活習慣病のリスクが増加するなど、子どもの未来にも関わる恐ろしい影響があります。子どもは、大人に比べて呼吸器などの発達が未熟なので、副流煙を吸い込んだことによる身体的な影響や害を受けやすい状態にあるのです。

 

《妊婦や子ども、乳幼児を受動喫煙から守るためには禁煙しかない!》

妊婦自身がタバコを吸わないからと、タバコによる脅威がゼロになったわけではありません。むしろ、受動喫煙による妊婦や子ども、乳幼児への悪影響を知らずにタバコを吸い続けていれば、知らないあいだに大切な家族の身体に害を与えてしまい、喫煙が原因で死に直結する病を抱えさせてしまう危険性があるのです。

副流煙や受働喫煙による妊婦や子ども、乳幼児を守りたいと思ったら、もう禁煙するしかありません。

 

・分煙だけではほとんど意味がない

妊娠中のパートナーとお腹の子の身を案じて、ベランダや別室、換気扇の下で注意しながら喫煙していていも、ほとんど意味がありません。また、空気洗浄機を使ってタバコの臭いが少なくなっても、一度しみ付いた有害物質の除去には効果を発揮しません。

分煙をしたところで、副流煙に含まれる有害物質が洗濯物の衣類にこびりついていれば、これを家族や子どもが吸って三次喫煙となり健康被害を及ぼす原因になり得るのです。

 

喫煙者が全くいない家庭と、換気扇の近くやドアを閉めて分煙して喫煙する家庭では、受働喫煙による危険が3倍以上に及ぶといった研究結果もあります。さらに、ドアを閉めて、屋外に出て喫煙をしている場合でも、喫煙者がいない家庭より、受働喫煙による危険が約2倍にもなるそうです。

 

このことからも分かるように、家族を受動喫煙の脅威から守るためには、タバコを止めるしかないのです。

 

《妊婦や子どもの受動喫煙防止に電子タバコが選ばれる理由》

ここまでの内容で、喫煙による副流煙の恐ろしさ、受働喫煙にさらされている妊婦や子ども、赤ちゃんへの影響の害を改めてご理解頂けたかと思います。それでは実際に、喫煙を止めて受動喫煙による影響や害を防止するために、具体的な方法を使って有限実行していきましょう。

 

・タバコの葉を使わない電子タバコ

電子タバコは、熱伝導を利用して専用リキッドを蒸発させ、それにより発生する水蒸気を吸い込み味わう嗜好品です。

専用リキッドの主な材料は、PG(プロピレングリコール)とVG(植物性グリセリン)です。従来の紙巻きタバコで使用されているタバコの葉は使用しません。タバコの葉を使用していない、つまりタールが含まれていないのです。タバコの煙に含まれる有害な物質を受動喫煙により吸ってしまうといったリスクも、電子タバコなら極力回避できます。

 

・電子タバコで禁煙して受動喫煙を防止する

いくら分煙をしたとしても、喫煙を続けている限り大切な家族や周囲の人々は副流煙や受動喫煙による害にさらされ続けます。

受動喫煙を完全に防止するための一番の策は、できるだけで早く禁煙をすることです。今この瞬間も受動喫煙により健康被害を受けている人がいると考えたら、その状況を回避するためには喫煙者が何としても喫煙を止めて、受動喫煙という状況を作り出すことを止めることが最善です。

そこで活用したいのが、電子タバコです。

 

電子タバコは、フレーバーがついた専用リキッドから自分好みのものを選んで楽しむものです。従来の紙巻きタバコから電子タバコに切り替えた当初は、ニコチン不足による依存症状が現れるため口寂しさを覚える人がいます。電子タバコ用のリキッドには、その口寂しさを紛らわしてくれる刺激の多いリキッドや、紙巻きタバコ以上に吸った感を味わえる爆煙を楽しめるものがあります。

 

最初は紙巻きタバコと電子タバコを併用しながら使い、徐々に慣れてきたら電子タバコに完全に乗り換えるといった方法が無理なく禁煙につなげられる可能性があります。

 

 


 

受動喫煙による影響は、本当に深刻です。

 

喫煙により立ち上がった煙で目が痛くなったり、刺激臭を吸い込んでむせてしまったり、咳き込んだりといった自覚症状のみならず、長いこと有害物質を含む副流煙を自分の意思に関わらず座れてしまい、最悪の場合死に至る病気をわずらう危険性があるからです。

 

妊娠中の女性や幼児、そしてお腹の中の胎児は、何もできないまま受動喫煙の影響を受けてしまい、気づいたときにはすでに症状が重症化してしまっていることも少なくありません。このように、受動喫煙による害は、パートナーの日常生活や子どもの将来に直結する重大な問題です。

 

したがって、できるだけ早く喫煙を止めるためにも電子タバコのようなアイテムを活用しながら、受働喫煙による影響や害を極力避けるなどして、家族に健康被害を及ぼさないようにしましょう。

 

 

 

 

電子タバコデビューセット