代金引換

ニコチンソルトのご紹介

ポケックスのご紹介

ボーのご紹介

review

review

review

review

facebook

instagram

review

商品カテゴリー

会員登録

会員登録をすると便利なMyページをご利用頂けると同時に、登録した時点で500ポイント1,000ポイントプレゼント致します。

会員登録をする

ログイン

カートの中身

電子タバコやリキッドを検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

amazonへ出店中!

取り扱いメーカー一覧

Aspire

BO

Apollo

Black Note

Vaporfi

Wisconsin Dairy

LIQUA

Ruthless

Virgin Vapor

NicQuid

フレーバータイプ別一覧

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

コラム一覧

もっと見る

電子タバコで禁煙するには?

安全性や受動喫煙や禁煙について

従来のタバコは、紙巻きタバコと呼ばれるものであり人体に有害な物質がたくさん含まれています。喫煙者の中には、周りの家族や小さな子どもへのタバコによる悪影響を懸念して、「完全禁煙」を目指すという人が増加しています。

 

そこで注目されているのが、「電子タバコで禁煙する」ということです。

 

電子タバコは、その名の通り電気の熱電量を用いて吸う形式のタバコです。従来の紙巻きタバコと大きく異なる点は、火を使わないところ、そしてタバコの葉を使わずにリキッド(液体状)を温めて水蒸気を発生させて出る煙を吸うということです。

 

タバコの葉を使わないため、人体に有害とさせるタールが電子タバコには含まれていません。そして、日本国内で販売されている電子タバコのリキッドには、ニコチンも含まれていないという特徴があります。

 

今回は、「電子タバコで禁煙するには」と題し禁煙が必要であるとされる理由、禁煙したことで得られる効果、さらには電子タバコによる禁煙をする方法やポイントなどについてご紹介していきます。

 

◆禁煙が推奨される理由◆

 

長年タバコを吸っていた人が「禁煙に成功した」、今まさに「禁煙中」といった人が周りにいるという方も多いのではないでしょうか。世界的に健康志向の方が増え、日本でも喫煙に対する規制が非常に多くなり、タバコ税の引き上げや喫煙所の撤去、飲食店でも全席禁煙としている店舗が明らかに数年前よりも増えています。

 

そのため、誰かに忠告されたわけでもなく、ただ単に喫煙しづらく肩身が狭いという喫煙者が禁煙を自主的に始めるといったケースも多くなっているのです。喫煙する場所が減ることで自然と禁煙への道筋が出来上がっているとはいえますが、どのようなきっかけであれ喫煙者が禁煙を成功させるためには、それなりの努力や強い意志が必要といえます。

 

以下でご紹介する禁煙の必要性や禁煙による効果を知ると、全く禁煙を考えていなかった人でも禁煙を考えてみようかと心変わりするかもしれません。周囲に重度のヘビースモーカーがいる場合には、喫煙者自身の健康被害もそうですが、受動喫煙となっている非喫煙者の方にも大きな健康被害を受けているのです。

 

◆禁煙の必要性◆

至るところで「禁煙の必要性」が叫ばれていますが、喫煙を続けることの恐ろしさを真摯に受け止めて、喫煙は命に関わる危険なことであると喫煙者をはじめ非喫煙者双方が共通認識を持つ必要があるのではないでしょうか。

 

《喫煙は寿命を縮める》

禁煙がどうして必要かというと、それは何よりも「喫煙による健康被害が恐ろしい」ということが一つです。従来の紙巻きタバコは、タバコの葉を専用の紙で巻いて、火を付けて吸うタイプのタバコです。タバコの葉に含まれる数千にも及ぶ成分の中には、熱を与えることで有害物質を発生させる成分が多数含まれています。

 

紙巻きタバコの有害物質といえば、「タール」が最も有名です。発がん性物質であるタールは、非喫煙者にくらべ喫煙者の発がんリスクを高める性質を持つことから、喫煙することで自ら寿命を短くしてしまっているのです。タールのほかにも、紙巻きタバコには人体に有害とされる成分がたくさん含まれていることから、がん以外の生活習慣病や命に関わる病気を引き起こす可能性を高めてしまうのです。

 

《喫煙は家族の寿命を縮める》

喫煙者の中には、喫煙が自身の身体に及ぼす危険性を知っていながらも喫煙を続けているという人がほとんどです。しかし、喫煙の問題は喫煙者自身だけに留まらず、「大切な家族の寿命を縮める」非常に恐ろしい行為であることを肝に銘じておく必要もあると思うのですが。

 

喫煙者と同じ空間に暮らす家族は、自分ではタバコを吸っていないにも関わらず、喫煙者が吐き出すタバコの煙(副流煙)を吸ってしまうことで「受動喫煙」という状態に陥ります。受動喫煙が原因で、肺炎や喘息を引き起こすこともあれば、その他にもタバコの煙が原因で身体に悪影響を及ぼすことがあるのです。

 

自分の身体だから良いと喫煙を続けている人でも、大切な家族や子ども、周りの友人たちの身体に悪影響を及ぼすことは絶対避けなければいけないのではないでしょうか。

 

《禁煙の効果》

・家族の健康を守れる

喫煙は、喫煙者だけでなく副流煙を吸ってしまう家族や周りの人の健康被害を招いてしまう危険な行為です。そのため、いまからでも禁煙を始める意味はありますし、決して遅くはありません。

 

禁煙をしたことで先ず一番に得られる効果は、「家族の健康を守れる」ということです。このまま喫煙を続ければ、家族の身体をさらに蝕む行為であることから今すぐにでも禁煙にチャレンジしてはいかがでしょうか。

 

・喫煙者自身の健康状態が良くなる

禁煙をはじめてから最初の数日は受動喫煙となっている家族への影響を減らすことができ、その後も禁煙を続けると、日を追うごとに禁煙をしている本人の「健康状態が良くなっていく」ことに気付くでしょう。

 

禁煙を続けていると、身体に浸み込んでいたタールの臭いが徐々に消えて、味覚や嗅覚が敏感になり食事が普段よりもさらに美味しいと感じるようになります。そして、毎日健康的にご飯が食べられるようになり、朝目覚めたときの爽やかさを感じ、女性は肌のコンディションが良くなったと感じ、息切れをしなくなり、痰がからみやすかった方は咳の回数が減るといった効果を、身を持って感じることができると思われます。

 

目には見えない部分でいうと、禁煙をする期間が長くなればなるほど心臓病や脳卒中、がんといった日本人の三大生活習慣病になるリスクを軽減させることができると言われております。そして、そのほか喫煙が原因で起こりやすい病気にかかるリスクを低下させることが可能であると英国などの学者も論じております。

 

◆電子タバコで禁煙するためのポイント◆

 

喫煙が喫煙者ならびに非喫煙者にもたらす恐怖は、ここまでにご紹介した内容だけに留まりません。今すぐにでも禁煙にチャレンジすることが大事なことですが、長年喫煙していた人すべてが簡単に禁煙に成功するとは言えないのが正直なところです。

 

容易なことではない禁煙ですが、遠くの国イギリスでは禁煙補助として国に認可を受け、世界に先駆けて医療品として認められているのが「電子タバコ」です。

 

日本国内でも、電子タバコによる禁煙効果がよく話題になりますが、電子タバコを活用して禁煙をするためには、以下のようなポイントを抑えているとさらに効果が高まるとされています。

 

《電子タバコとリアルタバコは違うという認識を持つ》

電子タバコで禁煙を始める前に、まず知っておきたいのが「電子タバコとリアルタバコは違う」ということです。リアルタバコと呼ばれる従来の紙巻きタバコを吸いたいという衝動に駆られた人が、電子タバコを吸って意気消沈してしまう原因がこういった認識の違いです。

 

電子タバコとリアルタバコは、タバコの葉を使うか否かということに違いがあります。タバコの葉を使っていない分、電子タバコには有害物質であるタールは含まれていません。そして、日本国内で販売されている電子タバコ用のリキッドには、ニコチンが含まれていません。つい最近まで喫煙をしていた人がまたリアルタバコを吸いたいという欲求に駆られる原因は、「ニコチン依存症」になっているためです。

 

ニコチン依存症の方が、ニコチンの入ってない電子タバコを吸っても満足し切れず、またすぐにリアルタバコに戻ってしまうということがよくあります。電子タバコで禁煙をするときには、タールやニコチンが含まれていない全く別のタバコであるという認識を事前によく理解して禁煙にトライする必要があります。

 

《禁煙を目的として電子タバコを使わない》

長いこと喫煙を続けていた人は、「禁煙を目的として電子タバコを使わない」ということが大切なポイントです。禁煙を目的としているから、どうしてもニコチン依存による症状が発生してしまいます。無理に禁煙を進めることで、電子タバコによる禁煙に失敗してしまうということが非常に多いのです。

 

リアルタバコの延長線上に電子タバコがあり、興味本位に使ってみようと軽く始めたことで知らずうちに禁煙が成功していたという人もいるようです。

 

電子タバコのリキッドは、フレーバーが色々あるため飽きずに沢山試し使いすることができます。口元がさみしいというときに、電子タバコとリアルタバコを併用して、徐々にリアルタバコの使用を減らしていくことができればリアルタバコがあまり美味しくないといった状態にまで持ち込むことができるかもしれません。

 

《徐々に喫煙を少なくしていく》

電子タバコで禁煙を成功させるためには、「徐々に喫煙を少なくしていく」ことが一つの方法ではないでしょうか。日本国内で販売されている電子タバコのリキッドには、ニコチンが含まれていないため、ニコチン依存症により禁煙が続けられないということが起りやすいのです。

 

そのような時には、いきなり全部を電子タバコに切り替えるのではなく、我慢できそうなときには電子タバコを吸って、どうしても我慢できないときには今日は10本、でも明日は9本といったように、少しずつリアルタバコの喫煙を少なくしていくことが大切だと思われます。

 

《いくつかの電子タバコを併用して使う》

紙巻きタバコのように人体に有害とされるタールが含まれていないことから、喫煙者、そして非喫煙者の方にとっても電子タバコはメリットの大きいタバコであるといえます。

 

しかし、禁煙をするために電子タバコを使用するときには少し注意が必要です。例えば、リアルタバコから電子タバコに切り替えたときに、一番の問題点がニコチンの有無です。リアルタバコに含まれるニコチンは依存性作用があることから、禁煙をしている人がニコチン依存症になるのはこのせいです。

 

日本国内で販売されているニコチンなしの電子タバコを使って禁煙が続けられなかった人の多くは、ニコチン依存症が原因になっているようです。それでもタールが含まれる従来の紙巻きタバコは絶対にもう使いたくないというときには、電子タバコとリアルタバコの併用は最善策ではないのではとの見解もあります。

 

このような時には、日本国内販売のニコチンなし電子タバコと、当サイトが扱っております「海外製のニコチン入りの電子タバコ」を併用して使用するのがおすすめです。欧米製の電子タバコ専用のリキッドには、ニコチン入り製品が主流となっております。日本国内ではニコチン入りが販売されていませんが、個人輸入をして個人利用する場合には使用することができます。

 

ニコチン依存症による禁煙の失敗を懸念されている方は、まずはニコチン入りリキッドとニコチンなしリキッドの電子タバコを併用して、少しずつニコチンなしの電子タバコに身体を慣れてさせて禁煙を成功させるのがおすすめです。

 

《美味しいと思うフレーバーを見つける》

電子タバコで禁煙を成功させるためには、自分の嗜好に合う「フレーバーのついたリキッド」を見つけることが大切です。嫌いな香りのリキッドを使うことで電子タバコが苦手になっては元も子もないため、試行錯誤しながらお気に入りのリキッドを見つけていきましょう。

 

美味しいと感じるフレーバーを見つけると、口元がさみしいときにリアルタバコでなく電子タバコを使いたいと思うようになりますし、電子タバコを使う回数が増えるほどリアルタバコの匂いや味わいが嫌いになることもあるのです。

 

電子タバコのリキッドは日本製、海外製と数え切れないほどあります。日本国内にも、電子タバコ(ベイプ)のリキッドを試し使いできるベイプバーやベイプショップがありますし、安全性や高品質であることを重視している信頼のおける販売店がたくさんあります。

 

◆まとめ◆

日本に限らず、数年前から世界的に健康志向ブームが進んでいることから、喫煙をする場所が限りなく減らされ喫煙者が肩身の狭い環境に陥っているとことからも「禁煙」への動きは必然的なことだといえるでしょう。

 

禁煙ブームが進む中、自分自身もそろそろ禁煙をしなくては、子どもや家族のために禁煙をしたい、恋人に頼まれて禁煙をしようかと考えている、経済的なコストを考えて禁煙したいなど、さまざまな理由により禁煙をはじめようとしている方がいるでしょう。

 

禁煙をすることで得られる効果は身体的にも、経済的にもたくさんのメリットがあるといえます。そして禁煙の一番重要なポイントは、大切な家族に悪影響を及ぼす副流煙を発生させないこと、受動喫煙をしている非喫煙者が健康被害に陥ることを回避することができるからだと思われます。

 

禁煙をすることは他人事ではなく、喫煙者一人一人が考えなくてはならない重要な課題になっているのです。長い間ヘビースモーカーだったという方でも決して遅くはありません。今からでもリアルタバコから電子タバコに切り替えて、少しずつ禁煙に向けて重い腰を上げてみてもいいような環境に日本もなって行くのではと思われます。

コラム一覧に戻る